CBD販売店のDJイベントに行ったら完全に酒断ち出来ていることに気付いた

私がいつもCBDを購入している店舗であるVapeMania主催のイベントに行ってきました。

場所は千葉県最南端にある南房総の白浜という場所です。

今回はいわゆるクラブイベント的な感じのDJサウンド。

クラブに付き物といえばお酒ですよね。若い頃、音楽に乗る時は必ずといっていいほどお酒が友達でした。

実はここ1年の間、ほとんどお酒を飲んでいません。

元々お酒が体質に合っていなかったのか、それとも年齢的なものなのかはわかりませんが、私の日常生活にお酒は必要なくなっていました。

思い出せるのは忘年会で1度だけ飲んだくらいかな?そのくらい飲んでないです。

今回は宿泊できるゲストハウスでのイベントで、部屋も予約済み。泊まれるなら久しぶりにちょっと飲んじゃってもいいかな??なんてパーティーノリでの参加でした。

CBDでお酒要らずだった

イベントが開催されていたゲストハウス館内はCBDフリーで、CBDならどこでも使ってOK、CBDの試飲も有りという、これまでありそうでなかったイベント内容に心踊るヒラノでした。

しかも、タバコ喫煙は屋上のみ可能と、これまた私にとって最高の環境。超絶クリーンな空気の中でセンスの良い音を楽しむことができました。

屋上にはジャグジーがあったり、

あたり一面、海!!だったり、

音楽のジャンル的には4つ打ちTech Houseとかそんな感じ。BPMは速すぎず遅すぎず。Houseのようにミーハーすぎず軽すぎず。

特別このジャンルに詳しいわけではないですが、多分クラブ音楽の中では一番聴いていて、私にとっては懐かしの音でした。 DJのレベルも高かったと思います。

屋上フロアの片隅にはバーカウンターがあり、ビールでも飲むかなーなんて思ってみたものの、CBDを摂取しているとどういうわけかお酒が欲しくならないんですよねえ。不思議。

部屋の調度品もなにやらすごいし、

↑のソファに座ると太平洋が一望できたり、

アートがあったり、

なにやらゴージャスな部屋があったり、

オーナーさんはなかなかぶっとんだセンスのお方だなと思いました笑

その外国人女性のオーナーさんとちょっとだけ話す機会があり、めっちゃフレンドリーで良かったです。こんな田舎にすごい場所作ってくれてありがとうって感じでした。

結局、イベント終了までお酒一切ナシで過ごしてしまったヒラノです。

CBDに禁酒のための何かがあるのかはわかりませんが、私は今回のイベントでは飲まなくても存分に楽しめました。

特にお酒を辞めていたつもりも無いんですけどね。今回の件でほぼ完全に酒断ちしたんじゃないかなーと自覚しています。

ヒラノ的お酒についての考え方

個人的にはお酒が合う人は別に飲んでもいいと思ってます。

合う人=完全にコントロール、攻略している人の意味です。

吐いたりその場に寝込んだりケンカしたり創造性が落ちたり絡んだり運転とかしなければいいんですよね。運転などは論外ですが。

お酒の悪いところは、お酒を飲んでる本人がそういったトラブルに無自覚であることです。

自覚があれば反省して辞められるんでしょうが、自覚をさせない強烈な麻痺的パワーが落とし穴なんですよね。 いわゆる呑まれてしまう人というやつです。

また、大酒でストレス解消できないことは既に様々なメディアで報じられているとおり明白の事実です。

なので、日常的にストレスを抱えやすい人はお酒を飲んだらダメだと思ってます。

もし、こういう人がいたら積極的にCBDをオススメしたいですね。特にワックス系は至極。