【2019】大阪で対面受講できるPython スクール2選+α

大阪のパイソンスクールまとめ

Python勉強してますか?

以前、東京で受講できるPythonスクールの記事を書きました。

近年のエンジニア不足により、大阪にもプログラミングスクールはかなり増えてきた印象です。今回は大阪で対面で学べるPythonスクールをまとめてみることにしました。

大阪でPythonを受講できるプログラミングスクール

テックキャンプ

様々なプログラミングスクールがある中、Python受講があり初心者向きなのがテックキャンプ。

東京で受講できるPythonスクール

比較的料金も安くわかりやすいプログラミングスクールです。

有名どころでいうと本田圭佑さんもテックキャンプのイナズマコースを受講したとの噂があります。

↑はあくまでも噂ですが、スクールを選ぶにあたり気になるのがやはり『実績』だと思います。テックキャンプの受講者は15,000名以上で、信頼の実績があることがわかります。

特徴1 無料プログラミング体験会がある

プログラミングの知識がなくて全くわからん!って人のために、まずは無料でプログラミング体験することができます。

テックキャンプ
出典:https://tech-camp.in

プログラミングって最初はほんとーーーに謎!!ってなると思います。私もそうでした。

ただ、実際にやってみると文字表示等、簡単なことならば誰でもすぐにできます。

初心者は開発環境(プログラミングを書く・作るための作業台みたいなもの)の構築で詰まることが一番多いので、『環境が整った状態で簡単なコードを書いてみる』というのが1番つまづきづらいです。

なんとなくの苦手意識だけでプログラミング難しい!って思い込んでる人が非常に多い印象です。

なので、とにかく体験してみて、こんなもんなんだな〜ってのがわかれば第一段階はOK。

PCもMac Bookを用意してくれているので、ノートPCの持ち込みすらしなくてもいいという気軽さがウリのプログラミングスクールです。

テックキャンプの場所

大阪では梅田校になります。

テックキャンプ 梅田校

住所:大阪府大阪市中崎西2-4-43
山本ビル梅田5階

大成情報学院

次に、大成情報学院です。

大阪梅田にある、『プログラマーが創った』が売りのプログラミングスクール。

プログラミング基礎を受講した上でPythonコースを選択することができます。

特徴 受講料が安い

javaScriptを学ぶプログラミング基礎が30,000円、Pythonの基礎が30,000円で、合計60,000円で受講できます。

いわゆる最近のプログラミングスクールで流行っている、『未経験からすぐ就職できる!』のようなウリはありません。

そのかわり受講料が安く、Python入門者へのハードルは低いといえるでしょう。

対面式のプログラミングスクールに通うとなると、就職保証や斡旋等がある場所は最低でも10万円以上はしますからね。

対面で学びたい方で、かつ費用を安く抑えたい方にオススメです。

大成情報学院の場所

住所:大阪府大阪市北区万歳町3−41 城野ビル

番外編 オンラインも可な人へ

基本的に大阪で受講できる対面のスクールのみを書いてみましたが、オンライン受講も視野に入っている方はこちらもどうぞ。

CodeCamp

CodeCampはオンラインなので大阪でも受講可能。

オンラインで全て解決するにもかかわらず、現役エンジニアによる個人レッスンがあるというアツいシステムになっています。

コードキャンプ
出典:https://codecamp.jp

Python学習をしたい方は、Pythonデータサイエンスコースで人気のAI開発に挑戦することができます。

コードキャンプ
出典:https://www.lp.codecamp.jp

受講料は148,000円に入会金10,000円の合計158,000円で2ヶ月間(レッスン回数20回)受講することができます。

わからない場所はその都度先生に聞くことができるので、学習意欲のある方は元が取りやすい料金だと思います。

PyQ

完全独学派はオンラインでPythonを学ぶことができるPyQ(パイキュー)もありです。

pyq
出典:https://pyq.jp/

こちらはゲーム感覚でPythonを学習することができます。

必要なのはPCとブラウザだけ。

実際私もPython関係の本を読みつつ、このサービスを使って主に勉強していました。

1番安いコースですと月額2,980円で、解約時は日割り計算で返金もあり良心的です。

PyQは本当にゲーム感覚で進めることができるので、夢中になって問題を解いていて気づいたら学習時間100時間を突破していたなんてことも。

ただし、ライトプラン2,980円のコースは完全独学派のみにオススメです。

『月額費用も抑えつつ、先生に質問しながら勉強したい』という方はメンター(先生)付きのコースを選ぶと効率良く学ぶことができるかもしれません。

特に、会社を辞めてフリーランスのエンジニアを目指すといったように、時間が差し迫っている方にはメンター付きのスタンダードプランでエンジニアへの最短ルートを選ぶのがオススメです。

スタンダードプランは月額7,980円ですが、過去質問の閲覧とプロによる質問の回答のサービスが追加されています。

pyq

料金コストも抑えつつ、質問も出来て自宅で学べるというのがPyQ(パイキュー)の強みなんですよね。

自分でプログラミングのコードを書いて実際に動くのがめちゃくちゃおもしろいので一度やって感触を確かめてみるといいですよ!

まとめ

人と対面しないとどうもやる気がでないという方のために、大阪で受講できるPythonスクールについてまとめてみました。

2019年3月現在、まだ大阪でPythonを対面受講できるプログラミングスクールは少ないです。

今後は人工知能エンジニアの需要増大によりPython学習コースを追加していくスクールが増えていくことと思います。アレクサもグーグルホームも人工知能様様だもんなあ。。って感じです。

入門編だけ対面かサクッと覚えて、あとはPythonもくもく会に参加するのもいいと思います。

世間ではあまり浸透していなさそうな『もくもく会』ですが、私も一時期住んでいたギークハウス等、エンジニアさんが多いシェアハウスでは定期的に開催されているイベントだったりします。

妻は「え?それタバコを吸う会だと思ってた、、、」っていってましたw

大阪のPythonスクールについては情報が増え次第また追記していきます!