Amazon Echo Showの第2世代が来て生活がどう変わるか実験

もうすぐ我が家に届くAmazon Echo Showの第2世代。

うちには子供が2人いて、たまにiPhoneのSiriに話しかけて遊んでたりはしますが、有効活用できてるシーンはたぶん1〜2割といったところ。

私達の子供の子供、つまり孫の世代になるとAIが家庭内に当たり前にいる状況で、生まれながらにしてAIと意思疎通を取るのが当たり前になるとのこと。スゴい。

私が子供の頃からテレビや洗濯機等の電化製品に囲まれて育ったように、孫くらいになると人工知能を搭載した端末が、『空気』のような存在になるってことですね〜。

子供達の世代ですら、多感な青春時代を人工知能とともに過ごすことになりそう。うーむ。。なので、今は話しかけても”謎の返答”しかくれないだけの存在のAIをどんどん生活に活用していくんだろうなあ。

ということで、その手引きになったら幸いってな感じでAmazon Echo Showの第2世代を買ってみました!

 

Amazon Echo Show、12月12日に届く予定

私が注文したのはAmazon Echo Show、いわゆる『Alexa』(アレクサ)って呼ばれてるやつです。

 

・・・といっても、Amazonのスマートスピーカー、ホームスピーカー的なやつはすべてAlexaなのだと思います。Appleも端末替わってもすべてSiriなのと同じです。

ちなみに私がAmazon Echo Show 第2世代を買った理由はこんな感じ↓

  • 音楽を再生できるまともなスピーカーが無かったのでスピーカーとして活用
  • 家族共有のタブレットは10インチiPadの1つのみで、気軽に触れる端末がもう1つあってもいいかと思った
  • 家の家電のコントロールや防犯用

 

現在注文中でまだ手元にはないんですが、以前のバージョンである第1世代と違う点はどんなところだろう?と思い調べてみました。

第1世代は日本では未発表で、北米版のみ展開されていたようです。

つまり、日本では『第2世代から初デビュー』といった具合です。

北米版なので日本人はほぼ手にしてないかなーと思ってググってみたら使っている方がいたので引用させていただきます。

通話機能を試して数日後、北米版echo showが届いて設定を行った。

ACアダプターは21WでAIスピーカーのechoやecho plusと同じ。

本体はずっしりと重く(約1kg)、底面の厚さが約10cmあった。

https://ameblo.jp/yao312jp/entry-12417908897.html

 

筐体はこんな感じ↓

amazon echo 第2世代

出典:https://stat.ameba.jp/user_images/20181109/19/yao312jp/20/4a/j/o0800123214300095845.jpg?caw=800

 

この角度からの外見だと昔のApple製品みたいでおしゃれなのでは??

こりゃ第2世代も期待できそうな予感です!

 

あと、今回本体とは別にAmazon Echo Show(第2世代)用 角度調節スタンドも購入。

 

けっこうボリュームがありそうなので、このスタンドがあっても置き場所に悩みそう。

食卓に置くとご飯のときに邪魔そうだし、かといって別に専用台を買うのもなあ。。

とりあえず、無印の壁につけられる家具シリーズでも漁ってみようかと考えてます。

商品が到着したら辛口使用レビューをガンガン書いていきますよー。

以上、Amazon Echo Showの第2世代が来て生活がどう変わるか実験、予約編でした!