運転中の背中が暑いので車用の冷却ファン付きシートを買ってみた

車用冷却ファン付きシート

真夏の車って灼熱すぎて乗るだけで死にそうになりますよね。

ヒラノは、0円で出来る車内クール術としてこの裏技を使ってます。

車内温度が体感できるほど変化しますのでおためしあれ。

あとは日頃からAmazon先生で涼しくなるグッズを探索。

でもあんまりよさそうなのがないんですね〜。

細かな車系ガジェット系は案外楽天のがいいんだよねー、と思って楽天も探索。

あった。

結論からいうと今回これを買いました。

わざわざこんな面倒そうなシロモノを買うにはそれなりの理由があるのです。

車用冷却ファン付きシートを買うまで

買うまでの経緯はこんな感じ↓

これを書いている2019年現在、とにかく気温が高くクルマの中が暑いのです。

私の住んでいる南房総地域でも33度くらいまで上がっています。

元々南房総という地域は、夏は涼しく冬は暖かい場所で、真夏でも海風が涼しいため海水浴にもってこいの場所なんです。

それがまさかの猛暑!!まあ岐阜県とか埼玉県とかに比べればまだまだ快適だとは思いますが、涼しい場所で育った私にとっては33度でも炎天下の車内は最悪の環境。

なにか使って冷却しないと熱中症になるなあと思い、クリップ式の車載扇風機を取り付けたりもしました。

こんな省電力のミニ扇風機だけでも風がくると車内の快適度は全然違います。

しかし、問題は肌が露出していない場所なんですよね。

車に乗っていて肌が露出していない場所。それはズバリお尻と背中です。

お尻(太もも)と背中は車のシートに密着しているため、運転席に座った瞬間に岩盤浴しているみたいになり、地獄そのものなのです。

179cm63kg超痩せ型&冷え性の私でも暑さを感じるのですからそれはもう尋常なものではありません。

これを解消するために、運転前に冷凍庫から取り出したばかりの冷却ジェルをシートと背中のあいだに投入してみたところ、効果は抜群!

やはり、単純にお尻と背中を冷やせばいいということはわかりました。

しかし、毎回家の冷凍庫から冷却材を持っていくのも面倒で、前回の扇風機同様に車載できるものを探してみようということになりました。

届いた冷却ファン付きシートがコレ

同じような商品がAmazonにもありましたが結局1番安かった楽天で購入しました。

車用冷却ファン付きシート

商品名は『RAKU 多機能クルマシート』です。

革張りっぽい見た目。悪くないんじゃないか?

車用冷却ファン付きシート

太陽光からの熱吸収を考えると薄い色味の方が良かったのですが、このタイプは一色のみでした。熱を反射するシルバーがあったら良かったのに。

ファンはシート底部、座った時は膝の間くらいの位置にきます。

車用冷却ファン付きシート

電源はシガーソケット対応の12Vで駆動します。

車用冷却ファン付きシート

本当はUSB接続のものを探していましたがそういった商品は一つもありませんでした。恐らく5Vでは冷却ファンが馬力不足になるのでしょう。

車用冷却ファン付きシート

どうやら同じ型で『マッサージ&暖房』等多機能展開をされているようです。この商品は冷風のみの12Vなので消費電力は15Wになります。ファンにしてはけっこう電力高めですね。

モバイルバッテリーのUSB出力5Vから12Vに昇圧するには無理がありそうなのでシガーソケット電源を使うことにしました。

取り付けはめっちゃ簡単で、足下のフックを取り付け、ヘッドレストのバーにカチャッとつけるだけ。

車用冷却ファン付きシート

腰にも取り付け部品がありかなりフィットしますが、なくてもズレないので風の通り道を考えてあえてゆるく取り付けしました。

お尻と太ももは涼しいが背中がまだ暑い!

ここからは実際に使ってみて思ったこと。

この日は33度。灼熱状態の車に取り付け、エンジンをオンにします。風力モードは最強で。

車内が暑いので当然ファンから取り込む風も灼熱なはずなのですが、あれ?涼しいぞ??

1分くらいするとお尻と太もも付近が明らかに涼しい!顔は暑いのに下半身は涼感。これは買ってよかったと思えます。

肝心の背中はといえば、涼しくはなっているものの、お尻ほど風を感じませんでした。無いよりは良いのですがまだまだ快適とは言えないレベル。。

ファンの風力が足りないのか?風の通り道の設計が悪いのか??どちらにしても改善の余地はありますね。

手で触ってみるとこのあたりが硬いです。ここに残りの2つのファンがあるのだろうか?

車用冷却ファン付きシート

これだったらむしろノートPC用の冷却ファンを背中に置いたほうが涼しいかも。

冷却ファン付きシートの改善案としては、背中にメッシュシートを導入して背中を浮かせるようにすれば風を確保できるのでは?と思います。

よく見かけるメッシュのランバーサポートが良さそうですね〜。

しばらくいろいろ検証してみたところ、先日購入した扇風機よりもシートのほうが涼しさを感じます。つまり、お尻と背中に直接風さえ当たれば涼しいと感じることがわかりました。

ちなみに、10分ほどエアコンを回して車内が少し涼しくなってくると更に涼しさを増してきました。車内全体の涼しさの割には腰と背中がめっちゃ冷えてきて超絶快適。

ということは、エアコンから直接ファンまでダクトを繋げてやったりすればもっと涼しくなるかもしれませんね!

現在、さらなる車内での涼をとろうと計画中なので乞うご期待。

追記:セリアで100円のランバーサポートを購入しました!

セリアのランバーサポート

商品名は『背当てクッション』です。

セリアのランバーサポート

これを設置した後は背中の下の方がめっちゃくちゃ快適になりました。

剛性はそこそこありそうで、もしヘタってきたらまた買えばいいかなって感じです。これで100円は安い。

あれ??冷却ファン要らなかったんじゃ・・・?と一瞬思いましたが、やっぱりスイッチを付けると涼しくなるので後悔はしていない。

その他のデメリット

あと、レビューで「ニオイが気になる」というのをちらほら見かけてまして、開封時には確かに新製品特有のニオイを感じました。

か、車に取り付けしたあたりで気にならなくなりました。

新製品の開封時のニオイがどうしても苦手だという方は半日くらい天日干しすればすぐに解消されるかと思います。

それとメモリー機能がないため、車に乗るたびに電源ボタンと風調整ボタンを押さなければならない点が割と面倒でした。 電源オンから強風まで4回もカチカチとボタンを押す必要があります。

車用冷却ファン付きシート

そもそもこれを買うのって暑がりの人なはず。ターゲットは暑がりさんです。なので弱で使うことはあまり想定できません。

そのため、風力は強一択かエンジンオンで直前の設定のまま起動してくれたら最高なのになって思います。

というわけで改善点は山盛りです。車内をどんどん快適にして行く予定なのでまた進展があれば追記します。

以上、運転中の背中が暑いので車用の冷却ファン付きシートを買ってみたの巻でした!