荷物が重い営業マンのビジネスバッグはポーターの3wayバッグがおすすめ!実際の使用感を詳細口コミレビュー!

荷物が重い営業マンにオススメの3wayバッグ
ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

週5日で通勤する営業マンの相棒ともいえるビジネスバッグ。

特に外回りの営業マンは、「バッグの中にすべての必要なものが、わかりやすく入っている」必要があります。

目をつぶっていても何がどこにあるかが分かり、移動時も心地よくフィットするバッグだと気持ちよく仕事ができますよね。

また、営業マンは資料のすべてを持ち歩くので荷物が重い…。移動するだけで一苦労です。

今回は私が愛用しているPORTER(ポーター)の3wayビジネスバッグの使用感を、写真付きでレビューしていきます!

10年以上の外回り歴を持つ、ベテラン営業マンが愛用しおすすめするビジネスバッグはこれだ…!

私は10年以上外回りの営業をしています。

ちなみに、入社時はルーキーMVPを獲得し、現在も毎年予算達成している、いわば敏腕営業マンです…!

あえて社員の人数は伏せておきましょう…。もちろん片手では足りないくらいですよ…!

そんな敏腕営業マン()の私ですが、相棒として今のビジネスバッグを4年くらい使っています。

今後も使い続けていく予定で、ものすごく気に入って愛用しているビジネスバッグをご紹介します。

 

ポーターの3wayビジネスバッグがおすすめな理由

私が使っているのは「PORTER HYBRID 3WAY BRIEFCASE (¥44,500税抜)」です。

 

PORTER(ポーター)とは…

国産のバッグ専門店、吉田カバンのブランドです。
1935年に創業した80年以上の歴史あるブランドで、美智子皇后が婚姻前に愛用していたことでも有名だそう。
(知りませんでした…!)
ナイロンバッグ(タンカーシリーズ)やメンズ財布のイメージが強くありますが、実は職人による革製品なども強み。

私は日中の半分以上は外におります。
取引先以外では電車、カフェ、公園…。常に移動するため、パートナーたるバッグには「持ち運びやすさ」と防水、耐久性を要求します。
持ち運びやすさのため、ビジネスバッグは3wayタイプでリュック一択。
さらに防水性を重視し、生地にこだわっている国内ブランドを選択しました。

ポーターの商品の中でも3wayのビジネスバッグは2万円台~6万円台までありますが、容量と機能性を重視するなら3万円以上のビジネスバッグを選ぶことになるでしょう。

私が使用している「HYBRID」シリーズは税抜で44,500円なので、比較的機能と品質が高めのラインです。

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

大容量だが、軽量化にこだわり、洗練されたデザインが特徴です。
アウトドア専門の生地会社とのコラボのため、防水性と耐久性に優れています。

もう少し若い方やカジュアルなものが好きでしたら有名な「TANKER」シリーズもいいかもしれません。

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

40代以上でPC専用ケースが必要、出張なども入ってくる営業マンでしたら「BOND」シリーズ(一番高い60,000円の…!)がおススメです。

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

ちなみに、1つ前に紹介しました、「TANKER」シリーズはくたっとした素材なので、「自立しなさそう」、「雨がしみこみそう」、ということであまり個人的には惹かれません。

 

ポーターの3wayビジネスバッグの使い方。リュックタイプは移動が多いビジネスマンにおすすめ!

ビジネスバッグの使い方ですが、基本的にはリュックタイプで使用しています。(荷物が重いので)
ただし、取引先に営業へ行く際にはリュックはおろし、手に持って往訪します。
また、電車の中でも、網棚においたりする際に、縦長の形で取手を使うことが多いです。
結論としては、ストレスなく使えるので、3way最高です。

お金がなかったときは、量販店のやっすいバッグを使っていましたが、疲れて仕方ありませんでした…。

3wayといいつつも、ショルダーベルトはほぼ使用していません。
ベルトを持ち歩くのも重いので、もはやどこかにしまいこんでしまいました。
お客さまと立って話すことが多い職種の方は、すぐに書類や荷物を出す必要があるので、ショルダーベルトも使用頻度が高そうですね。
着席で取引をする営業マンはショルダーを使わないかもしれないですね。

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

出典:https://www.yoshidakaban.com

 

ポーターの3wayビジネスバッグの詳細はこれだ…!

ポーターの3wayビジネスバッグのポケットや、使い方をご紹介しましょう。

まず生地。ポーターはそれぞれのシリーズごとに大変こだわった生地を使用しています。
私の愛用する「HYBRID」シリーズは…丈夫で軽い!にこだわっています。

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

オリジナル生地「X-C1000」を使用。
この生地は、アウトドアに定評ある2社と開発した生地で、コーデュラ生地に特別な加工をしています。
そのため、丈夫!軽量!斜め方向に伸びない!雨や汗を侵入させない!という素晴らしい素材です。

実際、4年間使っていますが、ほとんど目に見える汚れはありませんし、浸水したこともなし。
1日12時間、週5日、4年間使用している割には、結構きれいだと思います!

続いてポケットなどの詳細。
おおまかに、大きな開け口は二つあります。
それぞれに小さなポケットが、ものすごい数ついていますが、特化して使いやすいところをご紹介しましょう。

大きなチャックは2か所あります。

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

背中にあたる側には、PCなど大きめのものを入れています。

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

正面側は小さなポケットが多いので、小物や文房具を入れています。
チャックはスームズに開くし、布を噛んでしまうこともないので本当にストレスなく使用できますよ!

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

リュックの肩紐は、収納できるようになっています。
私は基本的に肩紐は出しっぱなしで使用。
しかし、「普段は内勤で荷物が少ないけど、たまに外出すると荷物が多い」という方は、出し入れもすごく簡単なので普段は肩紐を収納しておいてもいいですね。

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

防水ポケットが最高!

さすがポーター!と感じるのは、「防水」がすごいところ。
そもそもの生地も水がしみこみにくい素材なのですが、「防水加工」してあるポッケがいくつもあります。

まずは一番正面にある大きなチャック。
ここは雨の際に一番被害を受けやすい場所ですね。
特にリュックで背負った場合、気づいたら傘の範囲外でリュック表面が濡れていた…なんてことが日常茶飯事のエリアです。

内側がテカテカ光っている素材になっていて、しみこんでも大丈夫!!!
ただし、ここにスマホや手帳など、大事なものは入れないほうがいいですけどね。

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

続いて、取っ手の付け根にある小さなポケット!
ここはなんと、チャックのすきまから雨が入ってこないようにテープがついています。(優秀!)
更に内側はPCケースのようにクッションメッシュ素材になっているので、電子機器は!ここへ!入れましょう!!
私はすぐに迷子になってしまうワイヤレスイヤホンもこのポケットへ入れています。
スマホを入れてもよし。私はアイコスとイヤホンを入れています。(スマホはポケット派)

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

そしてなんと!傘とペットボトルを入れる場所も防水!!
正面側のチャックには、2か所筒状のものを入れる場所があります。
ここも防水ですよ~!素晴らしいですね。

なので、ペットボトル飲料と、折りたたみ傘はこちらへ入れます。
傘は、濡れている場合はハンカチなどで水気を拭いた方がいいです。
いくら防水でも、湿気と体温と雑菌でカビが生えたら嫌なので…(まだ生えてきてませんよ…)

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

ちなみに、折りたたみ傘は「リュックとして背負った時に上に来る方」に入れると良いです。
重いものをたくさん詰めるとリュックの形が崩れてしまいます。
上部に傘を骨組み代わりに入れると、きれいな形でリュックを背負うことができますよ。

ポーターの3wayビジネスバッグをレビュー

 

さすがポーター!壊れたときは職人が修理してくれる

吉田カバン(ポーター)は歴史あるブランドなので職人の技術、アフターサービスには定評があります。
もちろん、壊れた時も直してもらえます…!

実は、詰め込みすぎてメインのチャックが破れたことがありました。
毎日毎日、ぱんぱんに詰めていたから…。

5万円近い、高いバッグだったのでかなりショックを受けました。
購入した店舗へ連絡してみると、有償だが修理は可能とのこと。
持ち込んで数千円の見積もりをもらい、1ヶ月預けました。

吉田カバンでは、どの鞄をどの職人が作ったかを管理しているらしく、「バッグを作った人が修理する」という決まりになっているそうです。す、すごい…。
実際、完璧に直った状態で戻ってきました。

一つ残念なのは代替鞄の貸出しがないところ。
ビジネスバッグはビジネスパートナーなので、1ヶ月も不在にされるとすごく困るんですよ…。
仕方なく、昔の相棒にでてきてもらいましたが、1ヶ月辛かった…。
(ランドセルなんかは、修理の間代替ランドセルを貸してくれる会社もあるのに…)

 

まとめ

外回りが多い営業マンは、毎日重い資料とパソコンをもって通勤、営業大変ですよね。
少しでも日々の仕事を楽にしてくれる、そんなビジネスパートナーを見つけられると良いですね!

 

この記事を書いた人:にじのクラウド