【使用レビュー】NOWテストジャック300を1週間使ってみた結果

テストジャック300レビュー

NOWのテストジャック300を買ってみた

テストジャック100が無くなったので、テストジャック300を初購入しました。

 

実はテストジャック300はトンカットアリエキスの含有量と比べ、ややコスパの悪い印象で、ちょっと敬遠してしまってました。

 

しかし、これまでテストジャック100と200を使ってきたテストジャックマニア、テストステロンマニアの僕ですから、テストジャック300をいつか使わなくてはいけない、という使命感があり、1週間のテストジャック300実験生活をすることに決めました。

 

NOWテストジャック300を評価してみた

今回はAmazonで注文し、1週間後に届きました。

パッケージはこんな感じ↓

IMG_2099

 

いつもの黄色というかオレンジ色というか、とにかく袋です。

アメリカで注文して来る荷物はサプリの場合は大体これです。

外見はこんな感じです↓

テストジャック300

 

兄弟サプリメントのテストジャック100やテストジャック200と基本一緒です。

完全に新しいバージョンのボトルデザインに切り替わっていました。

テストジャック300

 

内容量と説明書、注意書きなど。

テストジャック300

 

テストジャック300の中身はこんな感じでした。

テストジャック300

 

他のテストジャックシリーズに比べて若干色が茶色っぽくて濃かったです。

色からしてなかなか効きそうな感じがしますね!

 

テストジャック300を飲んでみた

サプリメントはとりあえず飲んでみないとわからんってことで、飲んでみます。

サプリ日記

 

僕はこんな感じでサプリ日記を付けていまして、今回は2/5~2/11までの実際の使用感について書きます。

 

 

【今回の使用状況と約束事は次の通りです↓】

・NOWの亜鉛30mg×1カプセル、ビオフェルミンS×5錠、プロテイン20g(メーカーはアルプロン)を毎日飲んでもよい

・もし途中で違和感を感じたり体調不良になったりした場合は継続と実験をやめる

 

それではスタート!

テストジャック300・初日

飲んで3時間後に寝たのですが、お腹から太ももにかけてポカポカ暖かく、冬なのに暖かいというのが嬉しかった反面、布団をかけると少し暑かった。でも不快感はあまりなく、元気になっている感じがしました。

 

・飲んだサプリ:亜鉛×1、ビオフェルミンS×5、テストジャック300×1

 

テストジャック300・2日目

初日と似ていて、突き上げるような衝動が時々ありました。違和感というほどの物ではなく、やる気がアップした感じ。しかし、どういうわけか午後から夕方くらいまで寝てしまいました。その後は元気でした。この日はブログの改造なんかの作業をやっているので、モチベーションは高かったと思います。

 

・飲んだサプリ:亜鉛×1、ビオフェルミンS×5、テストジャック300×1、プロテイン20g

 

テストジャック300・3日目

2日目とあまり変わらない印象でした。この日もブログの改造やら作業は割りとしてました。

 

・飲んだサプリ:亜鉛×1、ビオフェルミンS×5、テストジャック300×1、プロテイン20g

 

テストジャック300・4日目

本を買い込んで読書を沢山しました。日記ノートを見返してみると、本の内容の気になるメモを沢山取っていてブログに対しても意欲的でした。

 

・飲んだサプリ:亜鉛×1、ビオフェルミンS×5、テストジャック300×1、プロテイン20g

 

テストジャック300・5日目

元気でいえば1番のピークでした。日記には特に目立った記述は無く、イーロン・マスクの本を読んでメモを取ってました。

 

・飲んだサプリ:亜鉛×1、ビオフェルミンS×5、テストジャック300×1

 

テストジャック300・6日目

引き続き読書を進めてました。あとはこれといって特別なことはありませんでした。

 

・飲んだサプリ:亜鉛×1、ビオフェルミンS×5、テストジャック300×1

 

テストジャック300・最終日

身体を動かしたくなり、軽く筋トレをしました。軽くしていたつもりが、気付いたら普段よりやや強めの事をやる始末。継続した分パワーが余っている感じでした。

 

・飲んだサプリ:亜鉛×1、ビオフェルミンS×5、テストジャック300×1、プロテイン20g

 

テストジャック300を実際に使ってみた結果

テストジャック100と200が1日2カプセルが通常の使い方ですが、テストジャック300は説明書に書いてある1カプセルでかなり効果がありました。外見から頼りない印象があったのですが全く問題ナシ。

 

やはり突き上げるような衝動が来たというのが嬉しい効果という所です。こういうのがあるとクリエイターとしての活動に役に立ちます。

 

過去に、DHCのマカやテストジャック200を飲んでも似たような感覚になったことがあります。

 

恐らくこれはトンカットアリエキスだけではなく、他の含有物での効果だと思います。

 

サプリンクスのテストジャック200のページからの引用です。

◆トンカットアリ根 200mg
(サポニン最低10%標準化)
◆6倍濃縮オーガニックマカ根 500mg
◆ホーニーゴートウィード(イカリソウ)エキス 250mg
(地上部位・葉/イカリン最低3%標準化)
◆トリブラス果実エキス 250mg
(サポニン最低45%標準化)
◆アメリカ人参根 75mg
◆朝鮮人参根   75mg
◆12倍濃縮ムイラプアマ根・茎 50mg

 

しかし、テストジャック300には含有物はありませんでした。

(1粒あたり)
◆トンカットアリ根 300mg

 

僕は、テストジャック300を飲む前はテストジャック100を2週間続けて2週間休むという周期で飲んでいました。

 

 

ちなみにテストジャック100の場合の含有物はこんな感じです。

(2粒あたり)
◆ビタミンB6   3mg
(ピリドキシンHCl由来)
◆マグネシウム 140mg
(アスパラギン酸マグネシウム由来)
◆亜鉛      9mg
(Lモノメチオニン酸/アスパラギン酸亜鉛由来)
◆ZMA     808mg
(Lモノメチオニン酸亜鉛、アスパラギン酸マグネシウム、アスパラギン酸亜鉛、ピリドキシンHClコンプレックス)
◆トリブラス果実エキス  250mg
(プロトジオスシン20%以上)
◆LJ100トンカットアリ根エキス 50mg
(ユーリペプチド22%以上)

 

ちなみに、1番大事な成分であるトンカットアリエキスは50mgとありますが、これは100倍濃縮なので2500mg換算です。

 

どうして何もないはずのテストジャック300のほうが効果的だと感じたのか?

 

ひょっとしたら同じトンカットアリでも産地や成分が違うため、テストジャック100でついていた耐性の影響がなかったということかもしれません。ちなみに上でも書いているように、外見上の色の違いはあり、テストジャック300のほうがやや濃い色をしています。

 

もし、この仮説が正しければ、テストジャック100は2週間のインターバルで飲んでいても耐性が付いてしまうということになります。

 

使用感ややる気アップ効果については、テストジャック200と似ていたような気がします。

 

テストジャック100、200、300の比較

まずテストジャック200と300を比較してみましょう。

 

・テストジャック200

60カプセル(30日分) 2710円

 

・テストジャック300
60カプセル(60日分) 3550円 → 30日換算で1775円

 

↑同じような効果であればテストジャック300のほうがはるかにコスパが良いです。

 

ちなみに僕はamazonで購入しました。時々変動があるので、安く購入できるサプリンクスのリンクも貼っておきます。


(↑直接商品リンクができなかったのでサイトトップにリンクしています)

 

テストジャックは耐性が付きやすい

テストジャック200か300か?という問題ですが、これは耐性の部分が大きいと思います。

 

純粋にテストステロンだけを高めたいのであればテストジャック100が良いです。僕は200や300ほど体感出来ませんでしたが、それはトンカットアリ以外の含有物の影響が大きかったのでしょう。

 

僕の今のところの選択肢としては、耐性問題をクリアするために200と300を交互に使うのがベストです。

 

サプリメントは、純度が高いものや高級な物を買えばいいというのではなくて、自分に合う物を使うのが1番です。実際、価格が高くても効果が見込めないものがほとんどなんじゃないかと僕は思ってます。

 

今回はテストジャック300をガチで検証してみたので、是非参考にしていただけたらと思います!

 

テストジャックについてはこちらの記事も参考にしてみてください(^^)

【Now テストジャック200 レビュー】成長ホルモン「テストステロン」で鬱を改善してみた

鬱と筋肉にはやっぱりテストステロン

テストジャック200の長期的な効果

【TestoJack300】Nowテストジャック300が気になる

【NOWテストジャック100】 1年間継続後の飲み方  ~テストステロンの維持~