通信制限無し!?民泊用Wi-Fiを3G制限が出るまで使い倒してわかったこと

通信料無制限の民泊用wi-fi
SPONSORED LINK

制限無しのモバイルWi-Fiである民泊用Wi-Fiを契約してみた

これまで格安SIM・モバイルルーターを鬼のように使い倒してきたモバイルマスター・ヒラノです。

 

普段は世界のコンドームのことを研究したりしています。

 

さて、今回シェアハウスのWi-Fiを通常のWiMAX→民泊用Wi-Fiにしました。

 

民泊用Wi-Fiとは、主に民泊サービスであるAirbnbや、ゲストハウス等に特化したものです。もちろん、民泊以外での目的でも契約できます。

 

僕はシェアハウスでこの民泊用Wi-Fiを使っています。見た目はこんな感じ。

民泊用wi-fi

 

今まで、WIMAXなどに代表される高速無制限のモバイルWi-Fiは、無制限とうたっているにもかかわらず、実は制限があるものが多かったんですよね。

 

よくあるのが3GB制限。UQ WiMAXの公式ページでこのように書かれています。

日頃はいつもUQ WiMAXサービスをご利用いただき誠に有難うございます。心より感謝申し上げます。

弊社が4月より運用を開始した、「3日間で3GB」による速度制限の件について、さまざまなご意見を頂戴していましたが、本件に対する弊社の考え方や今後の対応についてご報告させて頂きます。

弊社は、2013年10月のWiMAX 2+サービス開始時に、2015年4月から、「3日間で1GB」を超えたお客様には、いわゆる「速度制限」と呼ばれる規制の導入をご案内させて頂きました。また、2015年1月の220Mbpsのサービスを実現する「ギガヤバ革命」の発表時に、「3日間で3GB」を超えたお客様に対する速度制限を導入する旨をご案内させて頂きました。

 

つまり、カンタンに説明しますと、『3日間で3GB使うと遅くなるよ』ってことです。

 

で、実際使っている方の反応はこんな感じ↓

 

皆さん、モバイルルーターにそこそこ苦い経験をされているのがわかります。

 

だって、3GBなんてYoutubeみたらすぐに超えてしまいますよね?例えば僕の場合はYoutubeやニコニコ動画で音楽を聴きながら作業したりしますし、ツイキャスやGoogleハングアウトなどで遠方の人とやり取りをすることも最近増えてきました。

 

なので、この民泊用Wi-Fiの 『通信制限無し&契約期間の縛り無し』というWi-Fiルーターの登場に正直いってテンションが上がりまくりだったんです。今までのモバイルルーター機器で困ったことをすべてクリアにした超絶な神サービスじゃないか!と。

 

公式ページには速度制限についてこのように記載されています。

通信料無制限の民泊用wi-fi

 

要約すると↓

ちまたに溢れてるモバイルWi-Fi機器って、無制限っていいながら実は3GBとかの制限あるよね?でも、ウチはソフトバンクと特別な契約をしているから本当に制限がないよ!もし制限かかったら、その月が終わる1週間前ならいってくれれば交換するね!

 

と、こんな感じです。

 

しかし、実際に使ってみると思わぬ落とし穴がありました。今後検討されている方のためにしっかりと情報を書き留めておきます。

 

15日間の使用で3Gの速度制限が掛かった民泊Wi-Fi

ある日、僕が使っているノートPCにこんな画面が表示されました。

通信料無制限の民泊用wi-fi

 

この表示が出たあと、ネットにつなぐことが一切できなくなりました。

 

はじめて見る表示でしたので、何かエラーが出たのかな?と思い、5分ほど待ってみると再度インターネットにつなぐことができました。

 

で、不安だったのでルーターの画面を見てみると、こんな表示が出ていました。

通信料無制限の民泊用wi-fi

 

『DATA SUB 3G』

 

つまり、3Gの速度制限です。

 

それまではここの表示がLTEとなっていました。画像を撮っていなかったのですが、間違いなくLTEでした。契約してすぐの時のスピードテストの結果は15〜25Mbpsは出ていて、めちゃくちゃ速かったことを覚えています。

 

そして、この3G表示が出てからの計測はこんな感じです。

通信料無制限の民泊用wi-fi

 

何度か計測してみましたが、大体平均で8Mbpsくらいでした。

 

8月1日から本格的に使い始めて制限がかかったのが15日ですから、半月で制限がかかり、その後大幅に速度ダウンということになります。

 

先ほどいいました通り、Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトをかなりの頻度で観て使い倒したので、そういったあたりで制限にひっかかってしまったのかもしれません。

 

ちなみに、ぶっちゃけますとこの状態でもそこそこ使えちゃったりします。制限後の体感速度ですが、ブログを書くとか静止画を送る程度でしたら全く問題ありませんでした。

ただし、動画や音声を使ったサービスを使おうとすると高画質なものは正直厳しいです。中画質程度の動画再生をすると、たまに画面が止まってリローディングがはじまる程度のスピード感です。

 

僕は先日、Googleハングアウトを使った会議に参加したのですが、音声が途切れ途切れになっていて内容が全くわからない状態で、これは困ったなあという感じでした。

 

YoutubeやGoogleハングアウトなどの動画サービスをそこまで使わないって人ならこの民泊用Wi-FiだけでオールOKです。

 

日常的にそうしたサービスを外出や移動の時に使う場合は、もう1つなにか外で使えるネットの契約がないと不安です。特に、今は仕事でGoogleハングアウト等を使う方もいるでしょう。そういった方は保険としてもう1台通信機器があると便利かと思います。

 

僕は現在、ピンチの時のためにFreetel(フリーテル)の格安SIMを保険回線として使っています。Freetelは従量課金制で、データ専用カードであれば最低299円で維持できます。もしフルに使ったとしても10GBまで2470円と安いのでオススメです。

 

FreetelのSIMカードはいろいろな契約がありますが、iPhoneユーザーならば上記の商品ですとApp Storeなんかの通信がタダになるのでめちゃくちゃお得です。もちろんアンドロイド端末でもこのSIMカードは使えます。なので、両刀使いの方にもオススメしてます。

 

先ほどの、音がとぎれとぎれの状態でギリギリつながっていたGoogleハングアウトの通信を手持ちのFreetelの回線に切替えてみたところ、会話が出来る状態にまで回復しました。通信速度もかなり速くて満足しています。

 

民泊Wi-Fiは契約縛りはありませんし、月額もそこそこ安く基本的に高速ですが、万が一僕のように速度制限がかかった場合、こうしたSIMカードも1つあるとめちゃくちゃ便利ですよ〜!

SPONSORED LINK