津山のそば屋『日進月歩』のソバロアに感動した

津山のそば屋日進月歩
SPONSORED LINK

岡山県は津山市にあるそばの店、日進月歩に行ってきました。

津山のそば屋日進月歩

 

商店街の通りに面していて看板は出ているのに、ドアを開けるとそこは雑貨屋さんでした。

 

もう一度店を出て確かめたところ、やはり「日進月歩はコチラ」と書いてあります。

津山のそば屋日進月歩

 

とりあえず入ってみると、店員さんが、「おそばですか?」と聞いてくれました。お店は雑貨屋の奥にありました。

 

店内はお洒落で落ち着いた雰囲気です。

津山のそば屋日進月歩

 

最近多いモダン系のお蕎麦屋さんですね。

津山のそば屋日進月歩

 

オススメを聞くと、やはりメニューの最初に出ていたそば御膳だったので迷わずそれに決めました。

津山のそば屋日進月歩

 

日本古来の在来種の玄蕎麦というのを使っているようです。

津山のそば屋日進月歩

 

まずはそば豆腐から。くせの無い味で、上に乗っている味噌の塩味が合います。

津山のそば屋日進月歩

 

豆腐の味は可もなく不可もなくといった感じでした。

 

そば豆腐を食べ終わるとすぐにそばが到着。見た目には切り口の角が立っていて綺麗です。

津山のそば屋日進月歩

 

 

そば自体の風味がしっかりとしていました。つゆは関東風で濃いめの味付け。薬味はねぎとわさびでいただきます。

 

岡山は濃い目のつゆでも大丈夫なのか?と思っていたら、「当店のつゆは濃い味付けなので、おそばは半分ほどつけてお召し上がりください」とメニューに書いてありました。丁寧です。

 

関東の人間である僕にも少々しょっぱめの味付けでしたが、出汁が美味しいのでつゆを全部付けて食べてしまいました。

 

そばのコシは強くシコシコとした食べ応えがあり、噛むほどにそばの味がしみでてきて全く飽きません。

 

お次はたっぷりとしたボリュームのそばがきを、たれにつけていただきます。

津山のそば屋日進月歩

 

こちらのたれにつけていただきます。

津山のそば屋日進月歩

 

そばがきはモッチリしていて食感が気持ち良い。そば10割なのでそばの味にパンチがありました。大きめサイズなのでお腹いっぱいになってきました。

 

極め付けはデザートのソバロア。ソバロアってなんだ??

津山のそば屋日進月歩

 

ソバロアは甘いクリームババロアといった感じの味でした。口にいれた瞬間は甘いのですが、後味に香ばしいそばの香りが一気に鼻に抜けてきます。

 

途中でスプーンが止まらなくなってしまいました。普通の甘いだけのババロアよりこっちのが好きだなあ。

 

クリームとそばのコラボは想像以上に素晴らしかったです。もう1個食べたい。。これだけをデパ地下とかで売ってほしいくらいでした。

 

それとこんな注意書きを発見しました。

津山のそば屋日進月歩

 

蕎麦が運ばれてきたら、とにかく急いで召し上がって下さい。ブログ用の写真撮影も要注意です。蕎麦が運ばれてくる前に、撮影の準備を完全にととのえておいて、蕎麦がきたら、すかさず撮って、蕎麦をいただいてください。

 

なるほど。ブロガーもそばを美味しくいただけるようにきちんと対応していますね。素晴らしい。

 

帰り際に店員さんとちょっと立ち話をして、お店の名刺もいただきました。

 

「普段は混むので予約をして下さいね」とのアドバイスをいただきました。日進月歩は店員さんがフレンドリーで丁寧な仕事っぷりが良いお店でした。

 

最初から最後までそば尽くしの30分を味わい、津山の昼ご飯を満喫できちゃいました。

 

そば好きは津山にくるべし!

 

【営業時間】
11:30〜14:00
(ラストオーダー:13:30)
ランチ営業、日曜営業

【地図】

SPONSORED LINK