【実家に泊まろう】初対面のひきこもりの人の実家に泊まってきた in 広島

ひきこもりに会ってきた
SPONSORED LINK

うつ病ニートひきこもりツアーから戻ってきました。

うつ病ニートひきこもりツアー

 

このツアーはうつ病やニート、ひきこもりの方に僕から会いにいって話すというもの。お気持ちで投げ銭をいただきますという企画です。

 

こんな無茶な企画にもかかわらず、お返事をいただいた方がかずのこさんです。

 

広島駅前まで来ていただきました。ひきこもりを街に引っ張りだしてしまった。

実家に泊まろう

 

軽く挨拶を交わし、かずのこさんの知っている近くのお店でお好み焼きを食べながら話しました。

 

iPad片手にナビってくれるかずのこさん。

実家に泊まろう

 

僕と同じでブログをやられている方なので、共通点も多く、思っていたよりもすぐに打ち解けることができました。

 

お好み焼きを食べてる時、常にこの人はなんだかひきこもりっぽい印象が無いぞ?と思ったので詳しく話を聞いてみると、家の手伝いで近所での買い物などはしているそうで、近くであれば割りと頻繁に外に出るらしいのです。なるほど納得。

 

その後、川沿いにあるカフェへ。

実家に泊まろう

 

2時間ほどかずのこさんからブログの相談などをお受けし、今回のツアーの投げ銭である50円をいただきました!

実家に泊まろう

 

そろそろ帰りますかーという頃、かずのこさんからこんな提案が。

 

かずのこ
今日よかったらウチ泊まっていきませんかー?
ヒラノ
え・・・。でもいいんですか?ご実家ですし、、、
かずのこ
親に電話してみますね。

 

実家に泊まろう

 

〜3分後〜

 

かずのこ
親、大丈夫だそうです。

 

 

おい、フットワーク軽すぎだろ。

 

 

僕はひょんなことからその日の宿を確保し、1日お世話になるということで帰り道にかずのこさんにラーメンをおごることになりました。当然、ラーメン代はゲストハウスに泊まるより遥かに少額です。本当にありがたい。

 

すでに決まったこととはいえ、初対面の人の実家に行くことにはかなり緊張していました。ラーメン屋では餃子をアテに生ビールを2杯飲んだことを正直にここに書きます。追い込まれてこういう行動を取ってしまうのは決して僕だけじゃないはずだ。

 

相手の親からしたらネット越しで知り合った相手なんて超絶に胡散臭いに決まってます。実をいうと、僕だってオフ会なんてものができた初期の頃は怖くていけなかったくらいです。

 

そんなことを考えているうちに、もう家に到着してました。で、すぐにかずのこさんの親御さんにご挨拶させてもらいました。こういうのは最初が肝心だ。まずは元気よく!

 

「どうも!ヒラノです。はじめまして!お世話になります!」

 

「こんにちは〜。ヒラノさんは今岡山在住?出身はどちらなんですか?あ、千葉なんですね〜。それはまた遠いところから来ましたね。リビングはエアコンあるんで涼しいですよ。よかったらそちらでも。」

 

僕の思っていた緊張なんて全く関係ないかのようなウェルカムさ。ちなみに僕とはブログを通じて知り合ったということは前もって伝えてあったそうです。ブログの力すげえわ。

 

かずのこさん宅のエアコンの効いた快適すぎるリビングで話ができるなんて、岡山を出る時は全く思っていなかったなあ。

 

ひきこもりについて、またブログについて遅くまで語り合い、本当に有意義すぎる時間をすごさせていただきました!感謝!

 

もっと実家に泊まっていいんじゃないか?

今回かずのこさんと会って確信したことがあります。

 

それは、初対面でもSNSやブログというのは立派な名刺代わりになるということです。だからみんなもっと実家に泊まろうよ!っていいたいですね。

 

今までもなんとなく感じていた事なのですが、まさか実際に自分がこうして恩恵を受けるとは思ってもいませんでした。

 

知り合いの実家にどんどん拠点を増やしていったら、47都道府県制覇できちゃうんじゃないですかね?

 

もうデュアルライフどころか47ライフが過ごせそうだ。 そんな未来を垣間見た素敵な1日でした!

SPONSORED LINK