Pythonと合わせて使うと稼げるスキルを調べたよ

Pythonと合わせて稼げるスキル

みなさん、コード書いてますか?

私は毎日ちょっとずつPythonのコードを書くようにしてます。

最近、ネットニュース等を見ていると、Pythonは稼げるみたいなものが多いです。例えばコレ↓

平均年収1位!Pythonエンジニアが高収入な3つの理由を徹底解説!

 

プログラマー年収ランキング2017!言語別、第1位はScalaの626万円

 

が、実際のところどうなんでしょ?これって、仮想通貨やFXを単純にやれば稼げるっていってるようなもんで、私は稼げるようになるには一定の条件が必要だと思ってるんですよね。

とりあえず最低限Pythonの使い方は覚えるとして、合わせてこれを覚えておけばオッケー!みたいなスキルがいろいろとあることに最近気づきました。

個人的な備忘録の意味も込めて書いておくので、これからPythonを学ぼうと思っている方、また初心者の方には参考にしていただければと思います。

 

Python + HTMLとCSS

まずはブログでおなじみの『HTML』と『CSS』です。

使い方わからんって人でも一回でもブログ書いたことがある人は見たことがあるんじゃないかな。

両方とも、Webで文字を表示させたりするのに使われている技術です。

私も熟知はしていませんがなんとなくわかります。CSSはたまに記述をミスってサイトがめちゃくちゃになったりもしますが。

ちなみに、Python + HTML&CSSだけを覚えてもあまり稼げないんじゃないかと思ってます。

一応求人サイトから探してみましたが、基本的にはHTMLコーダーの求人で、Python覚えてたら採用確率が上がるよって程度です。

PythonとHTMLの求人

出典:https://www.find-job.net/list/j121249.html

 

Python + JavaScript

お次は『JavaScript』です。

こちらは前述のHTML&CSSと近いのですが、『動かせる』という性質があります。

基本的にHTMLもCSSも表示はできるんですが、『動かせない』ものなんですよね。

なので、Webサイトやブログ内で何かを動かしたい!ってなったらまずはJavaScriptを使います。私もまだ体系的にJavaScriptを学んでいるわけではありませんが、コピペでコードを貼り付けて動かしたことはあります。

JavaScriptとPythonのキーワードでヒットした求人がこちら↓

PythonとJavaScriptの求人

出典:https://jp.indeed.com

 

月給35〜80万円となっています。

ちなみにこちらの求人では注意点として、後述する学士や博士等の資格が必須となっています。

PythonとJavaScriptの求人

出典:https://jp.indeed.com

 

単純にPython + JavaScriptだけではなく、こちらは学歴が必須ですので、あまり参考にならないかもしれません。

 

Python + MySQL

続いてMySQLです。

MySQLとはデータベースを使うための技術の名前です。

もしかするとブログを書いてるだけだとあまり耳にしないかもしれません。私もずっと知りませんでした。

正確にいうと、このブログに使われているWordPressというシステムを使う際にMySQLが必要なので使ってはいるのですが、最近はレンタルサーバーがめちゃくちゃ便利になっていて、基本的にこのあたりはサーバー任せなので細かい技術はまだわかりません。

細かいことは個人的に勉強するとして、とにかくMySQLというのは、大量のデータを速く扱うために必要なスキルです。

後述のPython + 機械学習等ではデータを大量に使う必要があるので、MySQLに限らずなんらかのSQL、つまりデータベース系の知識は必須です。

 

Python + 機械学習と人工知能の知識

おまたせしました。最近のPythonといえば機械学習と人工知能ですよね。

「先生、どのプログラム言語を学べば良いでしょうか?」

どのプログラミング言語にもそれぞれ特徴や個性があり、どれが良いとは一概には言えません。しかし、「IoT(Internet of Things)や人工知能を学びたい」というのであれば、迷いなく「Python」を薦めます。

 

スマートスピーカーに代表されるIoT機器や人工知能を学ぶなら絶対にPythonと記事では述べられています。

Pythonと機械学習ができるとなかなか稼げます↓

Python + 機械学習

出典:https://geechs-magazine.com

 

契約が業務委託のフリーランスという理由でけっこうお高めなこともありますが、トータルで考えても決して安くはないでしょう。

ちなみにこちらの求人はフリーランスの求人に特化したギークスジョブに載ってました。

他にもパっとみた感じ、機械学習系に限らずギークスジョブは良い案件が多かったです。

Python + 機械学習

出典:https://geechs-magazine.com

 

Python + 学位取得

こちらはスキルというか資格的なものですが、学位を持っているとガッツリ収入が上がって稼げます。

Python&学位の例がこちら↓

Python + 機械学習

出典:https://jp.indeed.com

 

まあこれはPythonに限らずだと思いますが、Pythonは特に最上位である博士号保持者の給料が高いです。先程も『学士必須』という求人があったように、特に機械学習系は高度な数学やアルゴリズムの知識が必要なのでだいたいこんな感じです。

まあ、大学院までガッツリ勉強して最上位の博士まで取得しておいて給料が安い!なんてのは洒落にならんので、これは当然といえるでしょう。

ちなみにフリーランスの場合、実力と実績のみの世界なのでこのあたりはほとんど関係なくなります。会社に入る前提ならば、なにかしら取っておくとスタートダッシュが切れるかな?って感じです。

 

まとめ Pythonだけじゃなくてスキルをプラスするべし

Pythonだけできてもただ効率良くいろいろとできるようになるだけなんで、ちゃんと自分の目的に合わせたスキルをゲットすべし。

時給換算で2,000円は達成しましたが、現在の目標は時給5,000円なのでまだまだこれからです。今後はフリーでエンジニア案件を取っていく予定。

私はとりあえずのところ、Pythonに合わせてHTML&CSS、JavaScript、MySQLあたりから入ってみようかと考えてます。データ厨なのでWeb系はそこまで興味ないけど、ブログを書いてるので親和性は高いのではないかなーという読みです。

JavaScriptとMySQLは未学習なので、とりあえず本買って勉強します!