CBDコーヒーの広告がスーパーボウルに出るらしい

フォーブス.com見てたらこんな記事が出てました。

Super Bowl LIII will feature Baristas EnrichaRoast CBD Coffee ads at the stadium, marking the first time CBD ads are shown at the Super Bowl.

The special set of ads will run throughout the day in and around the stadium before, during, and after the game promoting national brand Baristas Coffee Company’s CBD coffee.

引用:https://www.forbes.com

“Super Bowl LIIIでは、スタジアムでBaristas EnrichaRoast CBD Coffeeの広告が掲載され、Super Bowlで初めてのCBD広告が表示されます。

特別な広告セットは、ナショナルブランドのBaristas Coffee CompanyのCBDコーヒーを宣伝するゲームの前、最中、後に、スタジアム内およびその周辺で1日を通して掲載されます。”

日本ではあまり馴染みがありませんが、スーパーボウルの試合といえばハーフタイムにTV閲覧していた茶の間の全員が一斉にトイレに駆け込む→水道管がトラブって洪水になった。といった過去があるように、全米では超がつくほど死ぬほど人気なスポーツ。

この超人気スポーツにCBD製品が広告として出るってわけです。ここまできたかーって感じですね。

ちなみに、広告として出るのはこちらのコーヒー。

cbdコーヒー

出典:https://baristas.tv/

人気コーヒー店がリリースしたCBD入りのコーヒーだそうな。

まあ、しかし新進気鋭のCBD商品ですから、一筋縄ではいかなかったようで、

It’s difficult getting CBD products in mainstream media, Henthorn said, noting sites like Amazon, Overstock and eBay will only sell products labeled as ‘hemp,’ not ‘CBD.’

引用:https://www.forbes.com

“CBD製品を主流のメディアに取り込むのは難しく、Amazon、Overstock、eBayなどのサイトでは、「CBD」ではなく「hemp(麻)」と表示された製品しか販売されない。”

ってことで、まだまだアメリカでも一般向けにCBD製品を広告に出すのはためらわれているようです。

昔ながらの広告屋には歴史の浅いものを使うのはやっぱり怖いってことでしょうねえ。

彗星のごとく現れたCanna Broadcast Media

でも、その旧態依然としたスピード感のなさをカバーするように登場した『Canna Broadcast Media』が広告出すぜ!ってな感じで即刻OK。

このCanna Broadcast Media(CBMJ)、欧米の大麻企業に特化したメディア会社ってことで、爆発的な需要に今後の収益にも期待が持たれている模様。

Canna Broadcast Media “CBMJ” continues to build the first multi-faceted media company devoted to the cannabis industry. In order to further monetize the assets and content distribution of both companies, sales efforts are being expanded to service the growing need for companies in the cannabis sector to advertise and build their brands. This focus has already had an impact on revenue generation in Q4 2018 and is expected to increase into Q1 2019.

Canna Broadcast Media「CBMJ」は、大麻業界に特化した最初の多面的メディア会社を築き続けています。
両社の資産とコンテンツ配信をさらに収益化するために、大麻分野の企業が自社のブランドを宣伝して構築するニーズの高まりに応えるべく、販売努力が拡大されています。
この焦点はすでに2018年第4四半期に収益創出に影響を及ぼしており、2019年第1四半期には増加すると予想されています。

引用:https://globenewswire.com

ところで今回話題になったCBDコーヒーはBaristas Coffee CompanyのCBD Infused Coffeeという名称です。

2オンス(約56g)で$24.95。この日のレートで日本円2,733円。

cbdコーヒー

出典:https://baristas.tv/

パッケージにロックなおしゃれ感がありますね!

コーヒー1杯を10gの粉で淹れるとして、5杯強ってとこでしょうか。ってことは大体1杯500円か。うーむ、、まだまだ高い。。

1袋に60mgのCBDが入っていて、5杯で割ったら1回で12mgのCBDが経口摂取できる計算です。量的にはけっこう多いんじゃないかなと思います。

同ブランドからリリースされている、AmazonではベストセラーのコーヒーであるBaristas Ground White Coffeeは12オンス(約340g)で$14.99(1,643円)なので、この差は歴然。

CBDコーヒー、他ブランドのもありました。

CBDは国内ではサプリメント扱いですので、コーヒーなら食品扱いで輸入できます。日本でも気軽に購入できるよう、安全面をクリアしたCBDコーヒーができることを願います!