心が楽になる『ゆるいパンク』を提唱してみる

ゆるいパンクバンド
SPONSORED LINK

僕は昔からパンクバンドが好きでした。

 

中学生くらいにブルーハーツやSEX PISTOLSなんかを聴いて、カッコいいなーと思って何度もCDを聴いてました。

 

当時はお金が無かったので、友達のお兄ちゃんからCD借りて、カセットテープにダビングして聴きまくってたらテープが伸びてダメになってしまいました。そのくらい好きでした。

 

最初はもちろん見た目のカッコ良さから入りました。その後だんだん歌詞の内容とかが気になってきて、まっすぐに生きてるんだなーと、生き方を尊敬するようになってきました。

 

よし、バンドやろう。と思って友達集めて、そば屋の2階にある1時間500円で使える自家製の狭いスタジオでブルーハーツのコピーバンドをやったりして、とにかくバンドだけが楽しい日々でした。

 

その後もバンドはいくつかやったりして、そろそろ体力的にロックとかパンクじゃないかもなあと思い、今から数年前に完全に辞めてしまいました。

 

ゆるいパンクをやろうと思った

いろいろともう無理だなと実感しつつも、音楽はやっぱり好きで、僕の頭は常に音のことを考えてしまうようになってしまいました。15年くらい毎日やってたことは染み付いて離れないものなのでしょう。

 

だからといって、激しいのは体力的にも疲れてしまうし、のんびりと社会のことを語りたいなぁなんて思って、だったらパンク的なことをゆるくやれば良いんじゃないかなあと。

 

バンドのメンバーなんて何人いてもいいし、ギターが5人くらいいても別にいいし、なんなら占い師とか植物がいてもいいし、とりあえずゆるい感じで集まって一緒に音楽やったら絶対楽しいはずです。

 

音楽を使ってただ何かを批判し続けるだけなんてのもパワーが必要なので、自分の好きな事だけをひたすら言い続けるというのはなんだかナンセンスでいいかもしれないと思います。

 

パンクだからテンポが速くないといけないとかそんなことも考えなくてもいいし、むしろのんびり出来たら面白いものが作れそうです。

 

生の楽器なら太鼓とかじゃなければ集まって演奏してもそこまでうるさくないし、実現出来そうじゃないですか。

 

音楽やらなくても、集まってただお酒飲んで話すとかでもいいと思います。大体パンクバンドなんてそんなもんです。

 

そこにいる人達が干渉しすぎなくて、子供のままで、ちょっとだけ未来が見えそうなものなら心が楽になって、それがパンクなんじゃないかと思ってます。

 

『ゆるパンク』
・メンバー募集/年齢、性別、国籍、動植物不問(動物は応相談)/だらだら出来る人

 

鬱バンザイ!

 

SPONSORED LINK