やりたい事が無くなった?それ、もう次のレベルに到達してるから大丈夫だよ

やりたいことがなくなった
SPONSORED LINK

ブログやってます!っていいつつも、書くことがないぞ?ってなる瞬間があります。

 

僕は通院歴もある元うつ病患者であり、そのおかげでうつ病と健康に関する知識がめちゃくちゃ増えました。

 

なんとなく書いているうちに経験と知識がたまってきたので、どうせならブログを通して悩んでいる人に活用してもらえたらいいなって感じではじめました。

 

体調が悪ければ悪いほど、精神的に辛ければ辛いほど健康について考えるので、当然ブログにも記事をたくさん書くことができます。

 

しかし、ある日長年僕を苦しめていたうつ病が寛解(治ること)したんですよね。

 

調子が良くなった僕は、さらにうつ病に関する健康について深く研究するようなことは話せないし書けなくなりました。

 

コンドームブログで僕は健康のハイレベルに達した

現在、僕はコンドームブロガーとしても活躍中です。

 

これは一見うつ病や健康とは関係なさそうに見えます。しかし、健康を保つというテーマで、実は同じなんですよね。

 

先ほどもいいましたが、うつ病の辛い部分に関することは、さらに深く追求することができなくなりました。そういった点ではもう僕には書くことがありません。

 

そうして、書くことがなくなってしまうということは、すなわち、すでに一定のレベルまで上がり済みという状態です。

 

だからそこで悩まなくていいなと思いました。僕は健康を取り戻し、書くことがなくなってしまったので、それまでやりたかったことをやるために新たなステージを求めて岡山に移住することに決めたのです。

 

よく、才能が枯れるとか、ネタ切れという言葉を聞きますが、それは自分がハイレベルに到達しているのに、無理やりローレベルのことをしようとしているだけ。ただそれだけなんです。

 

これは、例えば加速した車のギアを急に落としてエンジンブレーキがかかってしまうような状態に似ています。急に回転の合わない変な負荷がかかったらしんどいですよね。

 

つまり、一つの知識や経験について全て出し尽くすというのは、枯れてしまうこととイコールではありません。

 

会社を辞めてフリーランスになったり起業するのも、会社で全てやり尽くした結果であるという人が非常に多いです。

 

やりたいことが無くなった時、あなたはもう十分にレベルアップしているはずです。だから、つまらないこだわりや人付き合いを捨てて次の次元を楽しめばいい。僕は今、まさにそうやって生きています。

 

僕の場合は、岡山県に移住してから出会いが一気に増えました。これは自分でもビックリするほどです。

 

例えば、近所の商店街で野菜やフルーツについての新しい試みをしているカッコイイ八百屋さんとか、地域のコミュニティを場所単位でリアルに支える旅館の大将、そしてなんと議員さんまでいます。みんな自分のレベルを更に上げてくれるようなスゴくて素敵な人ばかりです。

 

もし何かのタイミングで喪失感を感じたなら、その時は要らない物を切り離して舵を切りましょう。もっともっと新しい世界が思わぬタイミングで飛び込んできますよ!

SPONSORED LINK