アウトドアグッズを買うなら個人輸入できるtrekkinnが超オススメ

trekkinn買い方
SPONSORED LINK

アウトドアグッズオタクのヒラノ(@gonkichi331)です。

先日、パタゴニアのR2を購入しました。

去年、神田にあるパタゴニアで試着してみて、なかなかよかったので、買ってみようかなと思ったんです。

パタゴニアのR2はけっこう高くて、国内正規品ですと20,000円以上するめちゃくちゃ高いシロモノ。

どこかで安く買えないかな〜と探していたところ、Google検索で出てくる『ショッピング』からこちらのサイトを見つけました。

・trekkinn

アウトドアショップ・trekkinnとは?

そもそもの発祥は「Tradeinn」というスペインのネットショップです。

Tradeinnというのは、英語のtradeとinnを組み合わせて作った言葉です。

トレードは取引でインは宿泊という意味です。外国との取引を一手に引き受ける問屋みたいな感じでしょうかね?

ちなみにサイトの読み方はトレッキンなのか、トレックインなのかイマイチ謎です。

前進のTradeinnですが、1997年には会社を興していたそうです。ネットショップ界において、アウトドアやスポーツ用品に通じているものを作ったのは世界でもここが始めてです。

trekkinnはその名の通り、トレッキング(登山)に特化した商品を扱ってます。

他にも、diveinn、swiminn、runnerinnなど、様々なスポーツ&アウトドアのジャンルでショップ展開しています。

その取扱アイテム数は11万点以上というのですから、ここで探して見つからないものは無いといえますよね。

海外通販ですが、30日間の返品保証もあるので安心して購入することができます。

僕がtrekkinnで買ったキッカケ

このブログで何度も書いてますように、僕はめちゃくちゃ寒がりなんですよ。

それで、寒い秋冬の時期を乗り切るためのアウトドア用のフリースが何かしら1枚あったほうがいいなあと。

たまたま行った神田のパタゴニアのお店で試着してみたところ、R2ジャケットが気に入ってしまったというわけです。

お前はモンベルマニアなんだからモンベルのフリースにしておけ!という声もちらほら聞こえましたが、R2のデザインの良さに惚れてしまったんですよね〜。

パタゴニアのR2は暑くなく寒くない、ほどよい質感でした。

ebayで慣れた→trekkinnでも大丈夫じゃないか?

僕は以前、ebayで個人輸入の売買を何度かしたことがあります。

その時はアメリカのショップでワニ肉のジャーキーとか、タイでしか売ってないレイズの限定ポテチとか買ってました。

が、ebay以外のサイトでの購入は一度も経験がありません。アウトドアグッズを買うのもはじめてでした。

それまで友人や知人からはtrekkinnについて一度も聞いたことはなく、若干ショップに対する不安はありました。

ebayでの購入なら、もし商品に不備があったり買い手が納得できない場合は異議申し立てができます。

ebayは売り手よりも買い手に有利なシステムなんです。

使い慣れたebayのショップで買ってもよかったんですけど、ちょっぴり冒険心がわいてしまいました。そのへんいくつになってもやっぱり男の子ですね笑

元々、個人輸入そのものに抵抗はなかったということもあり、ドキドキしながら思い切って買うことにしました!

trekkinnでの商品の購入の仕方

trekkinnでの購入画面を実際に追ってみましょう。

実際の購入画面はこんな感じです↓

0001

 

商品を検索するとこのような画面になります。こちらは僕が購入したパタゴニアR2です。

0002

 

サイズと色、数量を選び『カートに入れる』をクリックすると、このように表示されます。(今回の場合は数量:1  ¥14511)

0003

 

↑の『バスケットを見る』を選択し『お支払へ』をクリックします。

0004

 

すると、支払い画面へ移行します。

支払い画面では、各種クレジットカードと、PayPalを選ぶことができます。いずれかを選んで支払いを完了します。

 

支払いが確定すると、こちらの画面が表示されます。

0005

 

購入後は、アカウントに登録したメールにインボイスが送られてきます。

0006

 

現地からの発送が完了すると、追跡コードが送られてきます。

送られてきたURLから番号を入力すると商品が今どこにあるのか調べることができます。

0007

trekkinnのサイトは日本語で書かれているので安心

trekkinnのサイトはネイティブの日本語で書かれています。

いわゆる、中華系の方が展開してるような怪しい偽物ブランドのネットショップにありがちな、変な日本語ではありません。

ただし、商品の概要や説明の部分は効率化を狙っているのか、Google翻訳からそのままぬきだしたような翻訳になってます。

商品説明なので大体の意味は伝わりますが、いずれ改善して欲しいところではありますね。

trekkinnの関税はどうなってるの?

海外からの輸入をするとかかってくるのが関税です。

ものによっては消費税もかかってくることがあります。パタゴニアR2のように、衣服ですと関税の課税対象になります。

ちなみに、課税価格の合計額が1万円以下だと関税は免税されます。

課税価格の計算方法

課税価格の計算方法はこんな感じです↓

【課税価格=送料を除いた実際の支払金額×0.6】

この場合、16,666円×0.6=9999.6円なので、課税価格の合計額が1万円以下です。

つまり、16,666円以下であれば免税になります。

 

ただし、レザー製品や毛皮の製品は1万円以下でも課税の対象になることもあります。

詳しくはコチラのサイトで確認することができますので、購入前に調べておくといいですよ。

trekkinnの梱包状態はこんな感じです

海外から発送された梱包はたいていの場合、日本国内の発送のものと違って見た目が雑です。

僕が注文して実際に送られてきたのはこんな感じです。

外装の袋です。

trekkinn梱包

 

袋を空けたところです。

trekkinn梱包

 

袋の中にはプチプチに巻かれた状態でR2が入っていました。

trekkinn梱包

 

僕が今回購入したものは衣類なので、簡易的な梱包になっていたものと思われます。

この状態でも中身には特に問題はありませんでした。

trekkinnでは5%オフのクーポンコードも使える!

trekkinnで売っている商品はたいていは国内正規品よりも安いです。

それがクーポンを使うことで更に安く購入することができます。

「trekkinn クーポン」や「trekkinn coupon」で検索すると割引クーポンのコードが公開されてます↓

 

40%や60%オフのものとかは大抵は期限外だったりで使えないものばかりですが、5%のものは大体使えます。

今なら上記のURLのサイトで表示されるクーポンコード「AD005」を入力すれば5%割引でゲットできますよ!

アウトドア製品って4〜5万するものもザラにあるので、これだけでも2500円分くらい安くなっちゃうんです。いいですよね〜。

こんな感じで、メリットだらけのtrekkinn個人輸入ですが、注意すべきデメリットもあります。

trekkinnで買うデメリットは?

trekkinn=並行輸入=保証ナシ

それは、並行輸入品には保証がないということです。

保証や修理のサービスが欲しい方は国内正規品を買っておけばまず間違いありません。正規の代理店が取り合ってくれます。

オレは保証などなくていいからとにかく安く買いたいんだ!という方の場合は断然trekkinnがオススメです。

修理の必要ない消耗品の類を大量に買うよって場合もtrekkinnを使ったほうがいいでしょう。

到着が遅い!?trekkinnの配送時間は?

もう一つのデメリットは、配送時間がかかるということです。

海外からの発送ですから、やはり到着に時間がかかるという意見をネット上でもよくみかけます。

trekkinnは個人輸入になりますので、どうしても配送時間にバラつきがあったりします。

購入された方のツイートを見てみました。

 

【遅かった】

 

【正確or早く届いた】

trekkinnではアークテリクスが買えない?

リュックやゴアテックス製ハードシェルジャケットなどで大人気のアークテリクス。

trekkinnでも扱っていたのですが、最近になって買えなくなった説が浮上してます。

 

正直、ユーザビリティが悪いなあという感じですね〜。

僕もアークテリクスの製品は何か1つほしいなあと思っていたところなので、もっと早く知っていれば良かった!

僕はtrekkinnを超オススメします。

今回利用してみた感じ、特に問題はありませんでした。

配送時間が大幅に遅れることもなく、商品の状態も満足行く状態でした。

これならリピートして買ってもいいかなという感じです。

もちろん、欲しいものが国内のAmazonで安く売ってたりすればいいんですけどね〜。

アウトドアブランド物ってのはなかなかそうもいかず、安く購入しようと思うとやっぱり個人輸入がベストな選択になります。

個人輸入ってイメージ的に小難しそうですが、サイトの作りや注文方法自体はAmazonとそう変わらないので、使ってみると意外とカンタンですよ。

ただし、先程も書いたように関税には注意しましょう。

R2のように、素材がフリース素材のみであれば16,666円以下は関税はかかりません。

trekkinnで安くて良いアイテムをゲットしちゃいましょう!

以上、trekkinnのオススメと使い方でした!

SPONSORED LINK