他人の影響下に置かれないためには「しょうもないこと」を出そう

しょうもない事
SPONSORED LINK

しょうもない事を出す

こんなこと書いてもしょうもないだろーって思うことってありますよね。

書くことだけじゃなくて、実際に行動することも同じことが言えるんですけどね。

例えば、日々のことで感じたことなんかをメモしておいても「これは世の中に出すほどじゃないよなあ」とか思ってみたりすることがあったりします。

でも、案外自分の直感って鋭いもんなんですよ。

例えば、僕ならメリノウールの記事です。

僕は以前、メリノウール製品について何度もブログに書いてきました。

こんなの書いても仕方ないかなあと思いつつも、やっぱりこれは書かなくてはと思い、今ではメリノウールは僕のブログの人気記事になってます。

とりあえず出してみよう

自分の本心をえぐり出すと、やっぱり人の心には響くもんなんですよ。

短文でもいいんです。

出してみて、なんかイマイチ出しきれてないと思ったら消しちゃえばいいですし、加筆が必要ならあとでどんどん書けばいい。

ブログなんて自分の備忘録みたいなもんで、結果的に誰かの役に立ってたりするものなんですよ。

他人の影響下に置かれない

他人の影響下に置かれると、すぐに丸くなってつまらなくなってしまうんですよね。

ブログでも、自分の本心をガンガンに出していったほうが読まれるし面白い文章になります。

でもどうやったらいいのかって思いますよね?

影響されない方法の一つとして、自分が「しょうもないかも」って思ってることを出してみることです。

しょうもないことこそ本気で掘る

ポイントは「しょうもないことを本気で掘る」ってとこですかね。

僕の場合は、前述のメリノウールのことなんかは本気で語ってもなあと思ってたんですけど、どんどん手元に増えてくるメリノウール製品を見て、これは出したほうがいいなあとなったんですよね。

しょうもないことを本気で掘りこんでいくと答えが見えてきますよ。

最近の僕はといえば、靴下に夢中なので、靴下のことばかり考えています笑

ホント、靴下のことばかりでしょうもないんですけどね。でも気になったら詰めないと納得できないし、もっと知りたいという欲求が止まらない限りやる必要があります。

そうして得た経験や知識をブログとして形にすると、しょうもないことでも最終的に誰かの役に立つんです。

そんなわけで、僕は今後もしょうもないことをガンガンに形にしていきます!

SPONSORED LINK