家族みんなで楽しめる!パタゴニアのおすすめ街着8選&着こなし集

パタゴニア おすすめ街着

今だからこそ、パタゴニアを街着に

僕は、昔から登山や旅行などアウトドア全般が好きで、ファッションもアウトドアウェアアイテムでのコーディネートが多く、中でもパタゴニアをもっとも愛用しています。パタゴニアは毎日袖を通したくなる最高のウェアなんです。

しかし結婚や会社の影響があり、コンサバティブなきっちりとしたオフィスに合う服装をメインに着用することが増えて、愛用のパタゴニアやアウトドアファッションを着る機会が減ってしまっていました。

最近転職し、オフィスでもアウトドアウェアを着用できる環境になり、オフィスでもプライベートでもパタゴニアを着用したい気持ちが強くなり、パタゴニア熱が再燃。

休日には妻と小学生の娘の家族3人で、パタゴニアのウェアで揃えてコーディネートし、ピクニックにでもいけたらいいなと考えています。

パタゴニアを街着として着こなしたい、家族と一緒にパタゴニアを着こなしたいと思っている20代後半〜30代後半の男性に向けて、パタゴニアのおすすめ街着8選をご紹介します。

 

パタゴニアを着て街に出かけよう アウター編

機能性が高く本格的なアウトドアウェアのイメージが強いパタゴニアですが、すっきりとしたシルエットや鮮やかなカラーは街着としてもスマートに着用でき、その洗練されたデザインと機能性を兼ね備えたパタゴニアのウェアは街着として注目を集めています。

アウターはライナーが取り外し可能なものや透湿性に優れているものなど、体温調整がしやすくコンパクトになるので、持ち運びに便利です。

 

メンズ・ウインドスウィープ・スリーインワン・ジャケット

体から放出された汗や蒸気を外に逃がして、蒸れやベタベタした不快感を軽減してくれる透湿性に優れたレインジャケットである、ウインドスウィープ・スリーインワン・ジャケット。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

 

フロントジッパーを上げた状態では丸みのあるフードが顔回りをすっきりと見せてくれ、野暮ったさがありません。

ジャケットがシンプルなので、人と差をつけたいのであれば中に着るトップスに遊び心のあるものをチョイスするのがおすすめです。

ジッパーを閉めても開けても格好よく着こなせます。

 

・やんちゃにストリートカジュアル

細身の淡い色のデニムと合わせたコーディネート。

これだけでも十分おしゃれではあると思いますが、ビビットなカラーのキャップを後ろ被りにしてやんちゃさをプラスしてアクセントをつけています。

子供っぽくなりすぎない様に、足元には落ち着いたカラーの靴をセレクトし、重厚感のあるやんちゃなストリートカジュアルスタイリングとなっています。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/onaritan/11241312/

 

 

メンズ・コートトレス・スリーインワン・パーカー

コートトレス・スリーインワン・パーカは、シェル(本体)とライナーが取り外し可能になっている仕様で、それぞれ単体でも着用可能です。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

 

肌寒い秋にも本格的に防寒力が欲しい冬にも活躍してくれる3wayパーカーは、すっきりとしたシルエットで、冬のアウター特有のもこもこしたコーディネートを一変してくれ、スタイリッシュなコーディネートにも合います。

パタゴニア独自の厳しい基準を満たしたH2Noパフォーマンス・スタンダードという、耐久性、防水性、透湿性に優れた素材を使用しています。

街着としても本格的なアウトドアウェアとしても着ることができるので、ヘビロテ確実なアイテムです。

 

・キャメルのチノパンと合わせてきれいめコーディネート

トレス・スリーインワン・パーカとチノパンを合わせるとスタイリッシュできれいめのコーディネートになります。

TPOに合わせることのできるこのパーカーは、洗練された大人の雰囲気を意識したいオフィスコーディネートにもマッチします。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://zozo.jp/shop/freaksstore/goods/23886786/?kid=312235966&utm_source=wear&utm_medium=pc&utm_campaign=patagonia,25342239

 

 

メンズ・トレントシェル・ジャケット

リサイクルナイロンを使用した防水透湿性を備えたトレントシェル・ジャケット。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

 

H2Noパフォーマンス・スタンダードを通過したトレントシェル・ジャケットは、天気や気温の変わりやすい登山やピクニックのシーンには打ってつけのアイテムです。

パタゴニアのトレントシェル・ジャケットは通気性をよくするためのピットジップ(脇下のジッパー)があり、蒸れを軽減し、軽量設計されているため持ち運びが楽にできます。

 

・細身のアンクルパンツを合わせて

キャップやリュックなど、一見カジュアル感の強いコーディネートですが、全てのアイテムをカジュアルに持っていくのではなく、インにはダンガリー風の開襟シャツを合わせ、ボトムにはアンクルパンツを合わせたことで爽やかさをキープした清潔感のあるスタイリングに仕上がっています。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/torusaji25/6644232/

 

・ネイビーでカラーを統一したコーディネート

カラーをネイビーで統一することで、アクセントの強いアウターカラーをうまくまとめたコーディネートです。

開襟シャツとボーダーをトップスに合わせた、トラッド風カジュアルコーディネート。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/ttrwts/11809723/

 

 

メンズ・アウトドア・ダウン・セーター

リサイクル・ポリエステルを使用したパタゴニアのダウンジャケットは、機能面はもちろん優れていて、その上家庭で洗濯も乾燥機も可能という嬉しいメリットを持っています。

内ポケットに本体を収納できる様になっているので、コンパクトに持ち運ぶことが可能です。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

 

・モノトーンでカラーを統一したコーディネート。

きれいで明るいマスタードカラーのダウンを、グレイ系のトーンでコーディネートしています。

グレイの持つ洗練されたイメージにより、ビビットなカラーが目を引くアウトドア色の強いアウターでも、都会的なコーディネートになります。

ボトムはトレンドを意識した細身のジョガータイプのスウェットパンツを合わせています。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/souma0612/11669041/

 

 

メンズ・クラシック・シンチラ・ジャケット

リサイクル・ポリエステルを使用したフリース(シンチラ)ジャケット。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

 

暖かくて軽いフリースを長く愛用してほしいという思いからクラシック・シンチラ・ジャケットには毛玉防止加工がされています。

 

 

・大人の少年スタイルコーディネート

シンチラ・ジャケットを魅せるため、他のアイテムにシンプルなものをチョイス。

ボトムのデニムは濃いカラーをセレクトし、キャップと靴は黒で統一。パタゴニアの鮮やかな赤が映えるコーディネートです。

キャップを後ろ被りにすることで少年っぽさをプラスし、カジュアルとスポーティをより強調したコーディネートとなっています。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/lowjack1985/11640359/

 

・カジュアル×きれいめコーディネート

フリース、フード付きのプルオーバー、淡いカラーのデニム、スニーカー。

合わせたアイテムはカジュアルの代名詞と呼ばれるようなものばかりですが、小物使いの効かせ方とカラーを統一したため、きれいめのスタイリングに仕上がっています。

色の組み合わせ方により、雰囲気がまるで変わります。最後の仕上げとしてヘアースタイルのセットも忘れずに。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/102111040706/11729475/

 

 

パタゴニアを着て街に出よう トップス編

パタゴニアの魅力はブランドロゴのデザイン性にもあるとパタゴニアのファンは言います。

ブランド名は、パタゴニア地方の過酷な環境に適したウェアを作りたいと願ったことから名づけられました。

創設者のイヴォン・シュイナードは、自然のすさまじい厳しさとそれに反する雄大な美しい風景に魅せられたのでしょう。

その風景を切り取ったかのようなブランドロゴに、ファンはまた、魅せられています。

 

メンズ・P-6ロゴ・オーガニック・Tシャツ

パタゴニアは環境行動に重きを置いていることで広く知られていますが、オーガニックコットンの歴史は1996年からあります。

アメリカ産のオーガニックコットンを使用した環境に優しいパタゴニアのTシャツ。

パタゴニア p-6 オーガニックコットン

画像引用:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41JRg8SauOL.jpg

 

このTシャツは環境だけでなく肌触りや型崩れも考慮されています。

パタゴニアロゴを背中にデザインした180°格好よさが漂うTシャツです。

 

・シンプルにTシャツを楽しむ

まずはシンプルにTシャツの味を楽しむため、手持ちのデニムを合わせたコーディネートを。新たにアイテムを揃えなくても良いので、すぐに試せるスタイリングです。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/hfrjki9/12250838/

 

・センタープレスパンツとTシャツ

細身のセンタープレスパンツにボトムをチェンジしただけで、ずいぶんと雰囲気が変わります。ジャケットのインナーとしても着用できるパタゴニアのTシャツは、オフィスカジュアルファッションとして楽しむこともできます。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/chuuou1983/12355047/

 

 

メンズ・ロングスリーブ・ライトウェイト・ラグビーシャツ

環境に優しい上に着心地がよく丈夫なオーガニックコットンを使用したラグビーシャツ。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

 

パタゴニアの歴史の中で創設者のイヴォン・シュイナードが買付し、スポーツウェアとして販売したことで、地味なスポーツウェアの歴史を一新させたアイテムでもあります。

また、数年に1度しか販売されないという噂のラグビーシャツはファンの間では根強い人気を持っています。

ラグビーシャツはスポーツウェアでありながら、白い襟がついていることからトラッドな雰囲気を持っています。

パーカーと合わせてスポーティに仕上げたり、ジャケットと合わせてトラッドの要素を効かせたり、気分に合わせて違うスタイリングが楽しめます。

 

・ラグビーシャツをトラッドに

テーラードジャケットを合わせるとトラッドなかっちりとした雰囲気になります。パンツにはチノパン、ハンチングを合わせてよりトラッド感を演出。

アイビールックが好きな方におすすめしたいスタイリングです。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/styler-media/wp-content/uploads/2018/02/1518415143-2018-0212-02.jpg

 

 

パタゴニアを着て街に出よう ボトム編

パタゴニアからはデニムパンツなど定番アイテムも展開されていますが、今回は夏に人気の定番アイテム、バギーショーツをご紹介します。

 

メンズ・バギーズ・ショーツ

通常のナイロンよりも柔らかく、肌触りはコットンのようで着心地が良いとされているサプレックス・ナイロンを使用しています。

ライナーはメッシュ素材で、速乾性に富み、ウエストはゴム仕様になっているので楽な履着心地が魅力のアイテムです。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

 

リゾートやアウトドアに最適なパタゴニアのバギーパンツですが、カラーが豊富なのでカラーコーディネートを楽しむことができ、ハーフパンツとして街着におすすめです。

丈が短く程よいゆとりのあるデザインなので、足長効果が狙えるシルエットの良いシンプルなパタゴニアのバギーショーツは、着こなしのバリエーションが多く、街着として大活躍すること間違いありません。

 

 

・パーカーを合わせたリラックスタウンスタイル

トップスと小物の色使いを合わせると、全体的に統一感のあるコーディネートになります。黒でトーンを抑えたことによって、ラフ過ぎないタウンにマッチしたコーディネートになっています。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/haya88to/12338733

 

・ボーダーTシャツと合わせてマリンスタイル

クローゼットを探すと1枚は出てきそうなボーダーのTシャツ。

メンズ・バギーズ・ショーツはシルエットと上質な素材から、コツの要らないシンプルな着こなしが楽しめます。

ボーダーTシャツを新たに買い足すのであれば太いラインのボーダーは膨張して見えやすく着る人を選ぶので、細いラインのボーダーの方がおすすめです。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/11kazu11/7863175/

 

 

家族でまとう。休日のパタゴニアコーディネート

街着としてのパタゴニアの着こなしを楽しんだら、家族にもその良さや魅力を伝えてみませんか。

機能性に優れた商品なので、ピクニックやアウトドアといったシーンにも大活躍です。

奥様とのカップルコーディネート、お子さんとの親子コーディネートなど、大切な家族とパタゴニアを引き会わせて、思い出に残る休日を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

パタゴニアのダウン。レディース・キッズの着こなし

寒い時にさっと羽織れるパタゴニアのダウンセーター。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/asuking/5779142/

 

家族でアウターを揃え、ママはデニムのつなぎと、お子さまはチノパンと合わせて。合わせるアイテムは違っていても、主役のダウンとアクセントのニット帽を揃えてさりげなさを意識したパタゴニアの家族コーディネートです。

 

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:https://wear.jp/miiiann/5642341/

 

 

 

パタゴニアのTシャツ。レディース・キッズの着こなし

Tシャツはパタゴニアの魅力を伝えるのにも、お揃いでコーディネートしやすいのにも適しているおすすめのアイテムです。

デニムなど手持ちのアイテムで全てお揃いにしたり、あえてトップスのみ合わせてみたり、色んなスタイルができます。

シンプルなアイテムだからこそキャップや腕時計など小物で遊んでオリジナル溢れる自分だけのコーディネートを楽しむこともできます。

ママは日よけ対策も兼ねてトレンドのロングカーディガンを羽織ったコーディネート。

ゆったりとしたワイドパンツはセンタープレスの入ったきちんと感があり、休日のリラックス感を演出しつつもラフ過ぎない街着としてのコーディネートとしても着ることができます。

お子さまはジョガーパンツでおしゃれ感をアップ。どちらのコーディネートもアウトドアにも、タウンにも着ることができます。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:https://wear.jp/mnmxo/10007969/

 

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/8823122130/12357639/

 

 

 

パタゴニアのフリースベスト。レディース・キッズの着こなし

フリース素材のベストの素材はカジュアルなのでスウェット、パーカーを合わせたり、ベストの持つトラッドな雰囲気にシャツを合わせたり。

脱ぎ着しやすいのでママのちょっとしたお出かけにも外で遊ぶことが多いお子さんにもおすすめです。ニット帽やキャップを合わせてスタイリングを楽しんで。

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:http://wear.jp/kenpon1207/11358109/

 

 

 

パタゴニアを街着でおしゃれに着こなす

画像引用:https://wear.jp/wear10041/11767789/

 

 

家族でまとう。パタゴニアのおすすめ街着 まとめ

パタゴニアのアイテムはここでご紹介した他にも、機能性、素材、デザインなどこだわり抜かれたアイテムが豊富に展開されていて、メンズ、ウィメンズ、キッズとそれぞれのターゲットに合わせて作られたアイテムがたくさんあります。

対多数ではなく対個人という姿勢がパタゴニアの品質の高さを維持し、個人に向けて発信されたデザインが他のユーザーの心にも響きファンを増やしています。できれば店舗に赴き、試着して購入することをおすすめします。

アイテムによってサイズ感のばらつきがあるため試着した方がベターです。

またパタゴニアのショップ店員は商品のプロであり、パタゴニアのファンの一人でもあります。色々相談にのってもらえたり、新着アイテムの情報を教えてもらえたりするのではないでしょうか。

是非一度、ご家族でパタゴニアのショップを訪れてみてください。

以上、家族でまとう。パタゴニアのおすすめ街着についてまとめてみました。