【乾燥肌必見】モンベルメリノウールをパジャマにするとこんなにスゴい!

モンベルメリノウール5
SPONSORED LINK

岡山移住ブロガーのヒラノ(@gonkichi331)です。

朝晩が寒い時期になってきましたね。

僕は超寒がりなので、この時期になるとモンベルのメリノウールの上下(シャツ&タイツ)を着て寝ています。

モンベルのメリノウールが優れものすぎる

こちらがモンベルのメリノウールシャツです。

モンベルメリノウール

 

モンベルのメリノウール?寒い時期っていえばヒートテック一択だろ?っていう人、実際多いと思うんですよ。

かくいう僕も以前はユニクロのヒートテックを着て寝ていました。

ヒートテックはかゆくなる!

ヒートテックを着て寝ると暖かいです。暑いかな?ってくらいになります。

でも僕は昔から乾燥肌なので、ヒートテックを着て寝るとカラダが痒くなるんですよね。

 

そもそもモンベルのメリノウールはアウトドア用に購入したもので、ある日仕事仲間と雑談中に「山に行こう!」ってことになり、揃えたアイテムの中の1つでした。

 

元々アウトドア派でなかった僕は、メリノウールってなんだべ??ってくらい何も知らなかったのです。

そんな僕が今ではモンベルのメリノウールでしか寝ることが出来なくなりました。

モンベルのメリノウールの特徴について調べてみた

メリノウールについてあらためて調べてみると、こんなことが書いてありました。

 

  • 速乾性、保温性に優れている
  • ニオイがつきにくい
  • 汗などで濡れても冷たさを感じにくい
  • 静電気が起きにくい

 

こんなスーパー素材なら寝る時もパジャマ代わりに使えるのでは?と思ったんですよね。

 

1つ心配だったのは、僕は子供の頃からウールと名のつくセーターのチクチクした感触が嫌いだったことです。

なので、これまで衣料品にはできるだけウール製品を避けてきました。

 

そこで更に調べてみたところ、こちらのサイトにこんな記述がありました。

メリノウールは羊毛の中でも最高級とされるウールでメリノ種の羊からとれます。
他の種類の羊毛に比べて繊維が細いのが特長で、直径は通常23マイクロンより細いもので、とてもソフトな肌触りで衣料品に一番適したウールです。

 

なるほど、ソフトな肌触りなら大丈夫かも!

ということで、早速メリノウールの上下を購入し、着て寝てみました。

第一印象は、肌触りはしっとりしている感じで着心地が良かったです。

 

夜中に汗をかいているかな?というものの、汗による冷たさは感じませんでした。

また、汗を吸ったあとはすぐに放出してくれているのでサラサラで快適。

ウールにはいわば天然のエアコンのような性質があるので、秋冬に限らず、一年のうち真夏を除く10ヶ月は心地よく着られます。
冬暖かいのはもちろんですが、春や初夏の暑い日でもサラサラとした肌触りで涼しく着ることができます。

 

ということで、夏以外は常用出来そうでよかったです。

※追記→夏のシーズンも使ってみましたが、暑さを感じず快適でした。メリノウールすげえ。

 

あと、予想外に嬉しいことがありました。

朝起きた時に感じていた背中とふくらはぎの乾燥とかゆみが、いくぶんか和らいでいたんですよね。

暖かいし(着用してすぐでもヒヤっとした感触がない)それでいて乾燥しないなんて最高!

 

あと、メリノウールはニオイがつきにくいという特徴もあります。

4日間洗わずに連続で着てみましたが、綿などに比べて臭くなりませんでした。

モンベルメリノウールのデメリット

こんなすごいメリノウールですがデメリットもあります。

それは値段がすごーく高いということです。

 

海外のメリノウールブランド物ですと10,000~15,000円とかザラです。

一番安い価格帯である日本製のモンベルの製品ですら5,000円はしてしまいます。

なので、寝間着に5,000円は高すぎる!という人にはおすすめできません。

メリノウールの洗濯の方法は?

メリノウールって要するにウールでしょ?家で洗濯できるの!?

って人が少なからずいると思います。僕も最初わかりませんでした。なので、洗濯方法を書いておきますね。

 

メリノウールは、洗濯ネットに入れて普通の洗剤で柔軟剤を入れてあとはガンガン洗うだけ。これで大丈夫です。

ただし、漂白剤は常用していません。使う時はウール可の物を使います。

ちなみに、ウール可の漂白剤は塩素系のものになります。酸素系はNGです。

 

こちらは実際に僕が来ているモンベルメリノウールシャツの襟の様子です。

ちょっと黄ばんできてますがまだまだ着られます。

モンベルメリノウール2

 

こちらが袖口の様子。洗った毛羽立ちがあります。

モンベルメリノウール3

モンベルメリノウールの種類は?

モンベルのスーパーメリノウールは厚さ別に3種類のあります。

僕が買ったのは中間の厚みのあるスーパーメリノウールM.W(ミドルウエイト)ラウンドネックシャツです。

 

 

このスーパーメリノウールを1年ほど旅行やアウトドア、寝間着として使い倒してきました。

表面に多少の毛羽立ちがあるくらいでほつれや破れはありませんし、機能低下も感じていません。

 

そろそろ冬ですしモンベルでメリノウール製品をもう1着くらい買おうかな~と考えています。

どうせなら、同じ厚みではなくもう一段厚いタイプにしようかと。

 

ただしこちらはメリノウール100%ではないので着心地や機能に変化はありそうです。

インナーに最適なモンベルメリノウール

モンベルは海外ブランドに比べ、デザインやシルエットがカッコいい物はあまりありません。

ただ、とにかく安いです。なので、インナーとして着るには最高です。

 

僕はモンベルを”アウトドア界のユニクロ”と勝手に呼んでます。

国産で低価格、それでいて素材、縫製は間違いないからです。

あと日本人向けなのでサイズ感はわかりやすいかと思います。

 

冬はシャツのインナーに着るために色はグレーにしました。

あとは耐久力があれば言うこと無いです。もう2~3年もってくれたらいいなぁ。

 

このモンベルのメリノウールシャツは乾燥肌や寝汗がひどい人なんかにはめちゃくちゃオススメです!

 

僕はメリノウールアイテムは他にもいくつか使っていて、使用レビューも書いてるのでぜひ参考にしてみてください!

 

寒がりな方にはこちらの記事もオススメ↓

・【レビュー】真冬の携帯暖房!ハクキンカイロを使ってみた

・防寒対策!寒いのが苦手すぎるという話

・【入浴剤】草津温泉の湯の花を使ってみた

SPONSORED LINK