【Macのデータ復旧方法】残念ながらあなたのSDカードのデータは全て消えました。

MacのバックアップソフトEaseUS
SPONSORED LINK

カメラのSDカードから画像を移そうとした時のことです。

 

いつものようにフォルダごと上書きしました。

 

そして、中身を確認するとなんとカラ。なんのデータもありません。

 

正直めちゃくちゃ焦りました。暑さのせいではない変な汗がたらたらと流れてきます。

 

僕が何をやってしまったかというと、

 

カメラ側でSDカードのデータが消去してあった→データはカラになる。でもフォルダだけはそのまま残った状態→PCのデータにカラのフォルダを上書き→死亡

 

こんな具合です。

 

ドラゴンクエスト3の「ぼうけんのしょはきえました」のアノ音楽が頭の中を30分ほどループしました。

 

今使っているPCはMacなのでTime Machine使えばOK!っていう情報はすぐに検索できたのですが、僕はたまにしかTime Machineでバックアップをとらない設定にしてあったのです。

 

これには困りました。ブログ用の写真とかいっぱいあったのに、、、。

 

まさかこんなミスをしてしまうとは思っていませんでした。

 

しかし落ち込んでいても仕方がない。どうにかしないといかんということで、データ復旧について調べてみました。

 

EaseUSを使ってMacのデータ復旧をこころみた

どうにかしてデータを復旧したいので、必死に探していたところ使えそうなフリーソフトが見つかりました。

 

この、EaseUSというわかりやすそうなユーザーインターフェースのものを入れてみることに。

 

MacのバックアップソフトEaseUS

パっとみて操作がわかります。素晴らしい。スキャンしたものを『リカバリー』をクリックするだけで復旧できます。

MacのバックアップソフトEaseUS

 

しかし問題がありました。実はこのソフトは基本的に有料なので試用版では2GBしか復元出来ない。それ以上やるには課金が必要でした。

MacのバックアップソフトEaseUS

 

僕が復旧したいファイルのサイズは2.21GBでした。なんとギリギリな容量なのだろう。久しぶりのアンラッキーマン状態です。

 

EaseUSの場合はフォルダ区切りで復元されるのでとても便利なのですが、容量に制限があります。そこでまた別のソフトを見つけました。

 

Disk DrillでMacのデータを復旧した

Disk Drillは完全なフリーソフトです。

 

使い方もカンタンで、復旧したいメディアを選んで『回復』をクリックするだけ。

drill01

 

ただし、フォルダ名称の復元機能がないので、メディア内のファイルの順番がバラバラになってしまいます。とにかく全て復元したい、順番はどうでもいいという方ならDisk Drillでもいいかと思います。ファイルの読み込みに時間はかかりますが、なにしろ無料ですからね。

 

フォルダごと復旧したいのであれば先ほど紹介したEaseUSが向いてます。復旧したデータが明瞭ですぐに把握できます。

 

Macはあまりこういったソフトがないので、もしデータを誤って消してしまった場合はこの2つをオススメします。

 

くれぐれも大事なデータを間違って消さないように!

SPONSORED LINK