君は厚さ2.2mm、重量8gで128GBの超軽量SSDを知っているか

8gの外付けSSD

先日、モバイルで使うならHDD、SD、SSDどれがいいか?という記事を書きました。

そしたらその直後になんと8gで128GBの超絶軽いSSDが出ました。

 

書いた瞬間こんなん出しやがって、、、!!

 

ちなみのこちらのSSD、名称は切手サイズを意識して『KITTEストレージ』とのことで、デザインもなかなかいい。

日本上陸の超軽量ssd

 

クラウドファンディングで資金を集めて出来たもののようです。3,747,500円も集めていてなかなかスゴいですね。僕も知っていたら多分支援していただろうなと思います。

軽薄短小なSSD・KITTEストレージ

先ほどもいいましたが、このSSDの重さはたったの8gです。

そして、サイズは35.5mm×46.5mm。めちゃくちゃちっさいですね。

軽量SSDの大きさ

 

詳細はこちらの動画で確認できます↓

USB3.0を採用

さて、薄くて軽いのはわかりました。

気になるのが転送方式です。ここまで斬新なデザインだからひょっとしてUSB3.1とか採用されてたり!?と考えてしまいましたが、こちらはUSB3.0です。

これだけ薄くて軽いのでまあ納得。お値段も16,000円程度ですし。USB3.0でも特別遅いわけではないので、128GB程度の容量なら十分使えるでしょう。そもそもSSD自体の限界の速度がそこそこであるならば転送方法はUSB3.0で十分です。

電源は当然のことながらバスパワー供給。

バスパワー供給&超軽量、さらに薄いということで、モバイルでの使用にうってつけなSSDなわけです。

大きさが名刺やクレジットカードの半分ということは、携帯性を考えると世界最軽量のSSDストレージではないでしょうか?

軽量SSD・KITTEストレージの密閉性はどうなのか?

KITTEストレージには密閉性能が高いため防水機能がついています。

でも実際には大事なデータの入った機械ですから、やはり水分は怖いのでなんらかのケースに入れて使うことになるでしょうね。

こういう密閉性の高くて軽量な外部メディアはあまりないので、そういう意味で希少価値があるのは間違いないです。

キッテで2TBを携帯すると?

1個の容量が128GBなので、2TBを携帯したい場合は16個必要となります。

8g×16=128g

 

あれ?そんなに軽くないかもしれない??

たった0.4gのmicroSDに比べたらそりゃそうですよね。

ただ、SDは所詮SD。書き込み速度が全く違います。

SSDは転送速度がSDより速いため、一眼レフのRAWファイルや4KのMP4などの動画ファイルに向いています。

メディアをいかに軽く携帯するといった持ち運びの軽量性だけでいえば間違いなくmicroSDがベストなんですが、ヘビーな素材をお持ちのかたには実用的ではないですよね。

この超軽量なKITTEストレージですが、今のところ、アスキーストアなど数店舗のネットショップから購入できるようです。

8gの軽量SSDは使えるか?

大きな容量のSSDが多い中、KITTEストレージは128GBと比較的容量の少ない部類に入ります。

画像や動画は無く書類等しか扱わない、また容量が少なくて済むのであれば、携帯性に優れたこのSSDはビジネスシーンで役に立つでしょう。手提げカバンに入れても8gなら全く負担になりません。

逆に容量的に考えてPCのバックアップなどには向いていないので、その場合は大容量のSSDや安価なHDDなどを使うようにしたほうがいいです。

以上、厚さ2.2mm、重量8gで128GBの超軽量SSDでした!