たまに思い切り大声を出してみるといいよ!って話

mike_r2_c28
SPONSORED LINK

カラオケは好きですか?

 

ヒトカラ(1人専用カラオケボックス)も出来るようになるほど、日本のカラオケ文化は発達しています。

 

僕も鬱の時、1人でカラオケに行ってました。

 

当時はヒトカラはありませんでしたから、普通のカラオケボックスに平日のフリータイムで入ってました。

 

きっかけは「毎週歌ってたら歌上手くなるかなぁ」なんていう妙な好奇心です(笑)

 

僕はバンドをやっていましたが歌は下手です。そうです、いわゆる下手ウマなのです。

 

最初は恥ずかしかったのですが、4~5回と行っているうちに1人で行くのが当たり前になりました。

 

カラオケって、友達と行くと楽しいんですけど、自分の歌いたい歌を好きなだけ歌うのは無理じゃないですか?

 

そういう意味ではカラオケに行く=コミュニケーション疲れも若干ありますよね。

 

しかし、1人で行けばどんなに歌が下手でも何も言われませんし、マイク使っても使わなくても、キーを変えようが採点しようが完全に自由です。自由空間なんです。

 

感傷的になって尾崎豊のものまねで浸りまくっても誰にも白い眼で見られません。

 

それどころかストレスを解消できてしまうんです!

 

大声出すとスッキリしてよく眠れます。

 

ほとんどの人はそうだと思うのですが、子供の頃はところかまわず大声出してましたよね。あれってストレス解消していたんじゃないかな~って。

 

その証拠に遊んだ日は疲れてよく眠れました。

 

大人になるとそういう時間や場所は限られますよね。アウトドアで遊ぶようになるとかなり自由ですが、それでも自分の出したい声を限界まで出せる環境はそんなにありません。

 

その点、1人カラオケってコストもかからないし、安全でエアコンもあって、お酒や飲み物も頼めます。いいことばっかりじゃないですか!?

 

僕が行ってた時は1~2時間歌いまくってワンドリンク付きで700円くらいでした。1人だと休み時間がないのでそのくらいで喉の限界を迎えてました(笑)

 

通いだしてから2年間はほぼ毎週行ってました。ちなみにカラオケ屋の回し者ではないですよ。

 

それで歌は上手くなったの?ってよく聞かれるのですが、

 

全く変化ナシです!!

 

悲しいほどに・・・。

 

そんな感じで、カラオケに行く目的は途中で変わってしまったのですが、思わぬ発見をしたので良い経験でした♪

SPONSORED LINK