【瞬間スッキリ法】頭がこんがらがったら、ちゃぶ台返ししてみたら?

瞬間的にスッキリする方法
SPONSORED LINK

『ノートPCを再起動して一旦クリアにする』

 

頭がこんがらがったり、パニックになりそうな時、僕はそうしてムダな時間を回避しています。

 

なんならPCのデスクトップ表示も、全部消して何も無い状態にしちゃいます。見た目も超スッキリです。

 

これを僕は『ちゃぶ台返しスッキリ法』と呼んでます。

 

スッキリ法!ちゃぶ台返しのススメ

僕は先日、契約していたオンラインサロンとnoteを全て解約しました。

 

わからない人のために説明しておきますと、オンラインサロンというのはインターネット上の交流スペースのようなもので、主催者側である先生や講師がいて、勉強や知識を付けることに特化したものです。

 

noteは、小説や写真、漫画、コラムなど主に表現に関する全般を扱ったサービスです。

 

僕は、オンラインサロンとnoteで月額にして大体6000円くらい使ってました。

 

使っていた金額は特別多額ではなく、契約サービスの数そのものもそれほど多くはありませんでした。しかし、情報源としてかなり重宝していたので、一度全部解約するというのは正直勇気がいることでした。

 

でも、いざやってみると案外気持ちよくて、結果的に作業効率が上がりましたね、僕の場合は。

 

この『ちゃぶ台返しスッキリ法』は情報過多になりがちな方に特にオススメできます。

 

さあ、今日からちゃぶ台返ししてみませんか?

ひっくり返すものは大きくわけて3つです。

 

1.作業場のちゃぶ台を返してみる
2.人間関係のちゃぶ台を返してみる
3.情報源のちゃぶ台を返してみる

 

この3つだけでも相当スッキリできますよ。僕は2ヶ月前に岡山に引っ越して来て、人間関係を一気にちゃぶ台返ししました。

 

東京に住んでいた時は、自分にとって必要ではない付き合いの場にもよく行っていました。これがホントにムダなんですよね。有効活用できるであろう時間とお金をロスしてしまいます。

 

物理的に距離があると、こうしたムダな付き合いの時間が一気に少なくなります。また、距離があるとそのぶん情報が凝縮され、以前はムダであったであろう付き合いがムダでなくなることもあります。僕はこれを距離マジックと呼んでいます。

 

1.の作業場(主にPCのデスクトップ)は最初に言ったように、週1くらいでごそっと捨てて整理してます。

 

欲を言えば、PCのデスクトップは毎日クリーンな状況が望ましいのですが、僕はずぼらな人間なのでやっぱり毎日はできません。なので例えば、○○曜日やるぞ!というように、曜日を決めて実行しています。

 

物理的な机やテーブルや作業場を使っている人も、一度机の上をゼロにしてみることをオススメします。

 

そして、僕がなかなかできない苦手な分野が3.の『情報源のちゃぶ台返し』です。

 

そもそも僕は本の整理なんかが大の苦手で、今でこそ紙の本は3冊しか持っていませんが、それまではダンボール3箱分くらいの本がずらっと山積みになっていました。

 

僕は今回思い切って月額サービスを解約することができました。例えば最初に説明したオンラインサロン等の場合、人間関係と情報源とが絡み合っている場合があり、その場合は2.と3.の複合パターンになります。

 

こうした場合も、総合的に考えてみて、一度リセットしてしまうのは大いにアリです。

 

なぜかというと、そういったものはお金を払って入会しているサービスですからね。必要な時は入り直すことだってできます。本を売ったり処分するのと同じです。

 

そもそも、二度と戻らないような大事な情報源ならば、毎日きっちり取り入れて消化しようとするはずです。人間は火事場の馬鹿力が働きますからね。

 

自分にとって情報が必要なタイミングなんかもあるので、そのときにまた取り入れればいいんです。

 

ずっと喉から手が出るほど欲しかった情報も、供給過多になってしまい何もアウトプットできなくなったら意味がありませんよ。

 

情報で疲れているそこのあなた、今日から思い切ってちゃぶ台返ししちゃいませんか?

SPONSORED LINK