「あなたの1円下さい」という企画を考えてみる

1円下さい
SPONSORED LINK

もし、世界中の人から1円を貰えたら・・・

 

小さい頃は誰しもがそんなこと考えていたと思います。

 

例えば日本人全員からもらっただけでも約1億円になりますよね。ものすごい金額です。

 

見知らぬ人や他の国の人と知り合うことが可能なインターネットが現実になった今、それが出来そうな気がしてなりません。

 

すでに現実になりつつある

 

一般人から融資を募るクラウドファンディングは当たり前になり、様々なアイデアが形になって出資者へと還元されています。僕の友人でも使った人がいます。

 

なぜ僕がこんなことを考えているかというと、

 

すごく困っている人がいたら、ポケットにある1円玉くらいならあげてもいいかなって思ったからです。それだけです。

 

僕は良い人でもなんでもありませんが、1円くらいなら困っている人にあげられます。

 

それは同時に、僕がもし困っていて僕に魅力があれば、他人から1円をいただくことが出来るということです。ちなみにこれは誰にでも当てはまることです。

 

もっと言うとお金だけじゃなくてもいい。一度お金に変換すること自体が効率が悪いので、本来であれば食べる物や日用品なんかでいいのです。

 

そうなると輸送が難しいので同じ地域で、ということになりますが。

お金を貰うだけではない

「あなたの1円下さい」

 

これの何がすごいかというと、実際にお金を貰うこと以上に、「自分に興味を持ってもらう」ということ。たった1円のやり取りだけでも他者との関係が突然はじまります。

 

とっても薄い関係かもしれませんが、薄い関係でも100人いればあなたの人格や特技、職業スキルを気に入ってくれる人がいるかもしれません。

 

「1円くれ」というと、どうして1円?と興味を持ってくれる人がいるはずです。

 

つまり、自分と合う人を見つける手段としても有効です。

 

現在、斬新な方法で1円を多くの人からいただき交流を持つ企画を練っております!

SPONSORED LINK